ベトナムのマーケットプレイス事業に参入(SBI HLDS /econtext Asia/BEENOS)

2014年12月5日12:49

SBIホールディングス、econtext Asia Limited、BEENOSの3社は、ベトナムのIT企業であるFPT Corporation(FPT)ならび同社傘下のFPT Onlineらと共同で、オンラインマーケットプレイス「Sendo」を合弁事業化すると発表した。

Sendoトップ画面(出典:(SBIホールディングス、econtext Asia、BEENOSのプレスリリース)
Sendoトップ画面(出典:(SBIホールディングス、econtext Asia、BEENOSのプレスリリース)

Sendoは、ベトナムのC2C、B2C向けマーケットプレイス「Sendo」で、アパレル用品を中心に、20~30代の若者向け商品を幅広く取り扱うインターネット上のモールとなる。Sendoは、2014年度年間取扱高において、ベトナム最大のオンラインマーケットプレイスとなる見込みだという。また、マーケットプレイス上でのエスクロー決済サービスである「SenPay」を展開。2014年5月13日にSendoとして、分離・独立したが、このほど3社を引き受け先とした第三者割当増資を行い、合弁事業化することに合意した。

ベトナムは、人口が9,342万人とASEANの中でインドネシア(2億4,700万人)に次ぐ人口を誇り、平均年齢は29.2歳と日本の46.1歳と比較して非常に若く、多くの潜在インターネットユーザーが存在するといわれている。また、ベトナムのインターネット普及率は2013年現在で36%、EC市場は22億米ドルに達し、2015年には40億米ドルまでに成長すると予測されているため、今後必然的にインターネットサービス、インフラサービスの需要が高まることを見越しての共同出資となったそうだ。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP