オンラインプリペイドカードが拡大する中国市場は?

2015年2月9日7:44

オンラインプリペイドカードが拡大する中国市場は?
銀聯ブランドのカードのほか、クローズドカードも発行される

キャッシュレス化が進む中国では、銀聯ブランドのオープンループのオンラインプリペイドカードの発行も行われているほか、銀行以外のノンバンクによるオープンループの多用途のオンラインプリペイドカードやデパートやスーパーマーケット、専門店などが個別に発行する単一用途のクローズドループのオンラインプリペイドカードも急速に拡大している。

クローズドカード、オープンループカードが発行

近年中国経済の発展に伴い、銀行口座にリンクしたデビットカードやクレジットカードなどのバンクカードが都市部を中心に普及している。一人当たりのGDPは、中国全体では2013年度で6,958ドル(約70万円)であるものの、一人当たりのGDPが2万ドル(約200万円)を超えているといわれている上海や北京、広州、深センなどの都市部を中心に急速なキャッシュレスが進んでいる。また、従来デパートなどで発行されていた紙製の商品券やギフト券は、プラスチック製の単一用途のクローズドループの単一用途のオンラインプリペイドカードにとって代わられているという。

中国で現在発行されているプリペイドカードを大きく分類すると、単一用途のクローズドループ、多用途のオープンループに分けられる。

料理教室国内最大手のABC Cooking Studioの中国現地法人である艾宝食餐饮管理(上海)有限公司(ABCクッキングスタジオ〈上海〉)は、中国の「ABCクッキングスタジオ」にてプリペイドカード「ABC Cooking Gift Card(ABCクッキングギフトカード)」を利用した受講料の支払い受付を2013年10月15日より開始(出典:三井住友カードのプレスリリース)
料理教室国内最大手のABC Cooking Studioの中国現地法人である艾宝食餐饮管理(上海)有限公司(ABCクッキングスタジオ〈上海〉)は、中国の「ABCクッキングスタジオ」にてプリペイドカード「ABC Cooking Gift Card(ABCクッキングギフトカード)」を利用した受講料の支払い受付を2013年10月15日より開始(出典:三井住友カードのプレスリリース)

単一用途のクローズドループのオンラインプリペイドカードは、デパートや専門店などの事業者が発行する自店での支払いのみが可能なカードである。欧米や日本で発行されているこうしたクローズドループのオンラインプリペイドカードはギフトユーズがメインであるが、中国では250元(約4,500円)で300元(約5,400円)分の買い物ができるというような販売促進がメインのプリペイドカードも多く、ギフトユーズのほか、自己利用も多いといわれている。

多用途のオープンループのオンラインプリペイドカードには、ノンバンクの専門の事業者が上海や北京、広州、深センなど主要都市において“商銀通”、“便利通”、“Smart Pass”、“得士”などの独自ブランドで発行するプリペイドカードで、オンライン・オフラインの独自の複数の加盟店で利用できるプリペイドカードと中国銀聯のブランドのプリペイドカードを中国銀聯に加盟する銀行などの金融機関が発行するものがある。後者の中国銀聯のプリペイドカードには、中国元のほか、香港ドルなどの外貨建てで発行されているトラベルカードがある。

中国のプリペイドカードに関する規制は大きく2つ

中国のプリペイドカードには、使い切りのカードとリチャージが可能なカードがある。さらに、カードホルダーを特定する「記名式カード」とカードホルダーを特定しない「無記名カード」がある。

なお、中国のプリペイドカードに関する規制は、商務省が所管する単一用途のクローズドループのオンラインプリペイドカードを規制する“単一用途商業プリペイドカード管理法”と中央銀行である中国人民銀行が所管する多用途のオープンループのオンラインプリペイドカード“非金融機関決済サービス管理法”の2つがある。

世界のプリペイドカード市場要覧」では、中国のプリペイドカードの種類や規制、単一用途や多用途のプリペイドカード、銀聯ブランドのオープンループのプリペイドカードなどについて紹介している。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)
現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

スマホ会員証でポイントサービス。今イチオシの「VALUE GATE」(トリニティ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP