Visaデベロッパーを発表、Visaが提供する決済関連の技術、製品、サービスに自由にアクセス可能に

2016年2月5日18:22

Visa Inc.は、米国時間の2016年2月4日、「Visaデベロッパー(Visa Developer)」の立ち上げを発表した。これは、小売決済ネットワークのシステムを、決済処理や商取引に革新性を与えるオープンプラットフォームへと移行するものだ。これにより、ソフトウェア・アプリケーションのデベロッパーは、Visaが提供する決済関連の技術、製品、サービスに自由にアクセスできるようになる。これは 60 年近くに及ぶ Visaの歴史の中で初めてのことであるという。

購入、支払、領収の手段としてインターネット接続デバイスを利用する消費者や加盟店が増加するなか、新開発のVisaデベロッパープラットフォームは、金融機関、加盟店、テクノロジー企業、さらには新興企業にとって、消費者や加盟店からの要求に応えるために役立つために設計されている。今回、カード保有者の身元の確認や検証、個人間決済、Visaチェックアウト(Visa Checkout)のような店舗やオンライン上での決済サービス、通貨の両替、消費者取引におけるアラート機能など、Visaの最も使用されているペイメントテクノロジーやサービスの一部へのアクセスが可能になる。Visa は来年にむけて決済機能にとどまらないサービスへのアクセスの提供を計画している。

大手金融機関、テクノロジー企業、新興企業によって、新しい Visaデベロッパープラットフォーム ベータ版の試験運用が数カ月間実施され、すでに多くの企業がVisaのテクノロジーを使用し、アプリケーションの試作品を創り出しているという。試験運用に参加した企業は、キャピタル・ワン(Capital One)、カナダ帝国商業銀行(CIBC)、エミレーツNBD(Emirates NBD)、ナショナル・オーストラリア銀行(National Australia Bank)、ロイヤル・バンク・オブ・カナダ(RBC)、トロント・ドミニオン銀行(TD Bank)、ノヴァ・スコシア銀行(Scotiabank)、テレコミュニケーション・システムズ(TSYS)、USバンク(U.S. Bank)、VenueNext など。

Visaデベロッパープラットフォームの構築は、グローバル・プロダクトおよびテクノロジー・チームが数年にわたって推進してきたプロジェクトとなる。同チームにより、Visa決済用製品やサービスが、ソフトウェアやアプリケーションをデベロッパー構築する際の標準技術であるアプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)に変換されている。

Visa のグローバルなデベロッパープログラムの主な特徴は、①Visaが提供する決済のための膨大な製品やサービスを容易に検索することができる、世界中からアクセス可能なデベロッパー向けポータルサイト、②Visaの決済製品や機能の一部で使用されている、何百というVisa APIやソフトウェア開発キットにアクセスできるオープンプラットフォーム、③アプリケーション・デベロッパーにプラグ&プレイ環境やVisaの保有するテストデータへのアクセスを提供する、統合された試験用サンドボックス環境、④サンフランシスコ、ドバイ、シンガポール、マイアミ、サンパウロといった主要マーケットのアプリケーション・デベロッパーとの提携や協力の推進のために設計された、Visa デベロッパー・エンゲージメント・センター(Visa Developer engagement centers)――となっている。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

スマホ会員証でポイントサービス。今イチオシの「VALUE GATE」(トリニティ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP