セイコーソリューションズがアプリケーション、端末、センターサービスの三位一体で2020年に向け、加盟店の多様化する決済業務を支援

2016年3月8日0:30

■セイコーソリューションズ株式会社
アプリケーション、端末、センターサービスの三位一体で
2020年に向け、加盟店の多様化する決済業務を支援

セイコーソリューションズでは、決済ソリューションを事業の大きな柱の1つと位置付け、アプリケーション、端末、センターサービスの三位一体により、加盟店の決済業務をワンストップでサポートしている。決済にかかわるパッケージやアプリケーションとしては、カード自動決済パッケージ「CAPS(キャップス)」をはじめ、決済システム統合パッケージ「CAPS P-QVIC(キャップス ピーキュービック)」、電子マネーやICクレジットカードの決済をシンクライアント型で提供する「Thinc-CORE(シンクコア)」などが挙げられる。また、「CREPiCO(クレピコ)」ブランドで知られる決済情報処理センターと無線決済端末を提供している。同社はこれまで積み上げてきた豊富な経験をもとに、加盟店に対して実践的なノウハウも提供。近年、加盟店の関心が高まるペイメントカードの国際セキュリティー基準「PCI DSS」の認定取得に関しても、手厚いサポートを行う予定だ。

事業統合によりワンストップで
決済業務サポートを可能に

セイコーソリューションズは、セイコープレシジョン株式会社よりシステムソリューション事業を譲り受け、セイコーホールディングスグループのシステムソリューション会社として2013年4月1日より営業を開始した。2014年7月には、セイコーインスツル株式会社のシステムアプリケーション事業を承継し、現在の体制を構築した。

ネットワークソリューション、システムインテグレーション、モバイルソリューションと並ぶ、同社の事業の4つの大きな柱のうちの1つが、決済ソリューションである。セイコーソリューションズ 執行役員 システムソリューション事業統括部長 渡辺洋幸氏は、「弊社では決済ソリューションを、アプリケーション、端末、センターサービスの三位一体により、ワンストップでサポートできるのが強みです」と説明する。

▲セイコーソリューションズ 執行役員 システムソリューション事業統括部長 渡辺洋幸氏

スピーディーな決済処理を実現する
自社開発のアプリケーション

決済にかかわるアプリケーションは、多様な業種業態のニーズに沿えるよう、豊富にラインアップされている。

まず流通業向けのパッケージ・ソフトウエアとして、自社開発による「CAPS P-QVIC」がある。これを利用することによって、磁気およびICクレジットカードに加え、デビット方式の銀聯カード、iD、QUICPayといったポストペイ方式の電子マネーに対応する決済システムを迅速に構築することができる。

CAPS P-QVICのアクセスキーはHSM(Hardware Security Module)で管理が可能。さらにログ、通信の暗号化など、ペイメントカード業界のセキュリティー対策基準の「PCI DSS」を踏まえた安全設計となっている。接続インターフェース機能のカスタマイズにより、1つのシステムでマルチベンダーのPOS、リーダー・ライター端末、ECサイト、スマートフォンなどに対応できる。スキームおよびカード判定により送信先を自動判定し、NTTデータの「CAFIS」、日本カードネットワークの「CARDNET」の両決済センターに振り分け処理が可能だ。

また、電子マネー、EMV認証のICクレジットカードの決済をシンクライアント型で自社構築するソリューションとして、「Thinc-CORE」がある。これにはFeliCaコマンド処理が標準装備されており、FeliCa鍵による認証によって高い利便性とセキュリティーを確保した電子マネー決済が行える。シンクライアント型なので、クレジットICのEMV処理をサーバー側で即時に実行、売上情報をリアルタイムで把握できる。

また、端末側にデータを残さず、センター側でリソースを一括管理でき、取引情報などのデータは端末・サーバー間で暗号化通信により行うため、高いレベルのセキュリティー対策を安価に実現する。さらにレプリケーション機能により、端末マスターやネガデータ、取引明細などの重要情報をリアルタイムで待機サーバーに反映させ、万一のトラブル発生でサーバーが切り替わっても、スムーズに決済処理を継続できる。

OSやソフトウエアのアップデート、サービスや新機能の追加などもセンター側で一括して行うため、時間や手間をかけずに拡張性を確保。そのほか、加盟店独自の電子マネーやポイントをシステムに組み込むことも容易だ。

 

▲セイコーソリューションズが提供する決済ソリューションの位置付け

■お問い合わせ先
セイコーソリューションズ株式会社
システムソリューション営業統括部
TEL: 03-5620-6810
E-mail: support@seiko-sol.co.jp
URL: http://www.seiko-sol.co.jp/

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
「法人カード調査部」法人カードのおすすめはこれだ!年会費無料・ポイント還元率・マイルなどタイプ別で厳選紹介(LITE)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP