金融イノベーションのキーワードは「スマートデバイス」「オムニチャネル」「ビッグデータ」

2016年11月2日8:30

金融とITの融合の中で進行している金融イノベーション

20161031inovation今、金融とITの融合の中で進行している金融イノベーションのキーワードは、「スマートデバイス」「オムニチャネル」「ビッグデータ」の3つである。スマートフォンやタブレット端末などの「スマートデバイス」の普及は、モバイルペイメントやモバイルバンキングの拡大をもたらしている。「オムニチャネル」によって、既存の支店やATMとPCベースのオンラインバンキング、スマートフォンやタブレット端末ベースのモバイルバンキングとの連携を図ることができる。大量で多様なデータ解析によるCLO(Card Linked Offer)などの顧客ニーズの予測やカード不正検知といった「ビッグデータ」の活用である。

“FinTech”(金融とITの融合領域)とは、金融(Finance)とテクノロジー(Technology)を掛け合わせた造語で、アメリカやイギリスのみならず中国や日本などアジアでも積極的な投資が行われ始めている。“FinTech”は、新たな金融サービスを生み、利便性の向上をもたらすと期待されている。

アメリカにおけるFintechのプレーヤー

アメリカにおける“FinTech”のプレーヤーは、「決済(Payments)」(スマートフォン決済、EC決済、P2P決済など)分野を中心に、「貸付(Lending)」(P2P、ビッグデータ)、「PFM(Personal Finance Management)」(家計・資産管理の自動化・分析)、「資産運用」(インデックス、自動リバランス)、「バンキングサービス」(アプリなど)の5つのカテゴリーに大きく分類することができる。

また、“FinTech”のジャンルを、「決済(Payments)」、「送金(Remittance)」、「融資(Lending)」、「個人資産管理(Personal Finance)」、「個人投資( Retail Investments)」、「会計」、Bit Coinなどの「仮想通貨(Cyber Money、Crypt Currency)」、「機関投資家による投資(Institutional Investments)」、「個人向け銀行(Consumer Banking)」、「金融調査(Financial Research)」、「銀行インフラ(Banking Infrastructure)」の12のカテゴリーに細分類することができる。

1990年代にも、現在と同様に金融イノベーションが騒がれる

インターネットの商業化が始まった1990年代にも、現在と同様に金融イノベーションが騒がれていた。インターネットで決済が可能な暗号通貨のデジタルキャッシュや資金の転々流通性を有したIC電子マネーのMONDEXマネー、PayPalに代表されるデジタルワレット(電子財布)を用いた代替オンライン決済サービス、家計簿ソフト「Quicken」(クイッケン)をめぐるマイクロソフトと金融界争いなどである。こうした1990年代の金融イノベーションの多くは、現在注目されているFinTechベンチャー”の金融イノベーションに相通じている。

1990年代の金融イノベーションが一部の人々が利用していたパソコンベースのインターネットによるものであったのに対して、現在の“FinTech”の金融イノベーションはスマートフォンやタブレット端末によって大多数の人がインターネットにアクセスしている状況に根差している。

■「世界の決済・金融サービスのイノベーション」より

関連記事

ペイメントニュース最新情報

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
「法人カード調査部」法人カードのおすすめはこれだ!年会費無料・ポイント還元率・マイルなどタイプ別で厳選紹介(LITE)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP