広がる世界のラウンジサービス、空港に加え鉄道等のサービスも

2017年1月31日10:35

旅行時のカウンターサービスや緊急時の対応も魅力に

個人旅行において、インターネットのトラベル予約と並んで何かと助かるサービスが、JCBプラザラウンジのような空港におけるラウンジサービスやカウンターサービス、それに旅行時の緊急トラベルアシスタンスサービスである。

空港のラウンジサービスは、もともとファーストクラスやビジネスクラス搭乗者向けに提供されていたが、1980年代の航空需要の拡大に伴い、多くの国の主要空港のターミナルが拡張され、航空会社のラウンジが大きく立派になった。また、1981年5月にアメリカ航空によって初めて導入されたFFP(Frequent Flyers Program)の特典のひとつとして、必ずしも高額の航空運賃を負担しているファーストクラスやビジネスクラス搭乗者でなくても年間の搭乗頻度または搭乗距離に応じて得られるエリートプログラムのメンバーシップによって空港ラウンジへ入ることが許されるようになった。

飛行機の搭乗客に提供される特別の待合室である空港ラウンジ(Airport Lounge、VIP Lounge)は、1939年にアメリカン航空(American Airlines、AA)がニューヨークのラガーディア空港にオープンさせた“アドミラルクラブ”(Admirals Club)というラウンジが最初といわれている。この“アドミラルクラブ”(Admirals Club)は、大リーグのテキサスレンジャーズの球場のラウンジサービスの人気に触発され、酒類の販売許可を得てオープンさせた。当時、アメリカン航空は“アドミラルクラブ”(Admirals Club)を顧客獲得のツールと考えていたと言われている。“アドミラルクラブ”(Admirals Club)のラウンジが提供しているのは、コーヒー・紅茶・ソフトドリンクサービス、Wi-Fiサービスの他、PCサービス、コピー・FAXサービス、シャワーサービス、サイバーカフェ、キッズルーム、会議室、フライト手続きに関するサポートサービスなど多彩で、その後の世界中の航空会社の空港ラウンジサービスのお手本となっている。

シカゴ・オヘア国際空港の“アドミラルクラブ”

日本でも1970代後半より、日本人による海外旅行(アウトバウンド)が急増し始めた。ナショナルブランドのJCBカードの国際カード化が1981年からスタートし、海外に出かける個人旅行客をメインとするJCBカードホルダーをサポートするための“JCBプラザラウンジ”サービスが、1990年4月のパリJCBプラザラウンジのオープンを皮切りに始まった。

また、旧・日本信販(現・三菱UFJニコス)では、国内外共通の日本信販VISAカードと日本信販マスターカードの発行を始めた1987年に、アウトバウンドトラベルのアシスタンスサービスである“ハローデスク”サービスを、日本信販の国際カード会員にメンバーシップサービスとして提供し始めた。

また、空港ラウンジ以外にも、近年、鉄道の駅(ステーション)や香港と澳門(マカオ)を結ぶ高速船のターミナルなど高速船のターミナル、高速長距離バスのターミナルなどにもラウンジを設けるケースが増えている。アメリカの大陸横断鉄道のアムトラックやカナダのVIA Rail、ユーロスターなどヨーロッパの高速鉄道は、航空会社のFFP(Frequent Flyers Program)と同様のエリートプログラムを有したFUP(Frequent Users Program)を導入し、そのプレミアム会員やファーストクラスの乗客などを対象に、主要な駅にステーションラウンジを設けている。

日本でも、JR東日本が、2015年11月から“JRビューゴールドプラスカード”会員を対象にステーションラウンジのサービスを開始した。東京駅の“ビューゴールドラウンジ”や、JR九州のクルーズトレインの“ななつ星”の始発駅である博多駅の乗客用ラウンジ“金星”などがあり、日本でも今後、鉄道分野のラウンジサービスは増加していくものと思われる。

東京駅の「ビューゴールドラウンジ」

※「世界の観光と決済・カードサービス完全ガイド」

 

関連記事

ペイメントニュース最新情報

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

認証テスト、テストツール、コンサルティング、トレーニング。FIME JAPANは日本のキャッシュレス化を包括的にサポートします。(FIME JAPAN)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

設立25年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

PayBやWeChatPay/Alipay等のスマートフォン決済、 リアルタイム口座振替、信頼性の高い収納代行、送金など、 様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

SaAT ポケレジ スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

「Alipay」「WeChat Pay」中国最大規模のオンライン決済サービス(トリニティ)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通FIP)

決済情報コラムを好評連載中!「コンビニ収納ペーパーレス決済(番号方式)のわずかな、でも大事な違い」(NTTインターネット)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

シンクライアント決済ソリューション「Thinc-CORE(シンクコア)」 EMVレベル2認証取得でICクレジットカード対応を実現(セイコーソリューションズ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

全国180社以上の導入実績を誇る「CARD CREW PLUS」(ジィ・シィ企画)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP