モバイルPayのゆくえ(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年5月14日21:15

Apple Pay、Android Pay、Samsung Payは今後どう伸展するのだろうか。IHS Markitが調査した。

 

これらのモバイルPayが伸びるためには、機器が対応していなければならない。2016年の対応機種は約27億台だった。

 

これが2017年末までには34億台になり、2020年末までには50億台を超え、2021年には53億台になると予測している。

 

2017年末までに、各陣営のモバイル機器に占める対応機種の比率は次のようになる。Apple Payは11%、Android Payは61%、Samsung Payは3%。

 

この数字からいうと、Android Payが最も進んでいるように思えるが、先行しているのはApple Payだ。早くスタートしたこともあるが、グローバル展開のスピードも関係している。

Apple Payは15カ国、Android Payは10カ国である。Samsung Payは2017年4月、新たに4カ国を加え16カ国になった。2016年のApple Pay取扱高は、日本が貢献し前年比5倍になった。

 

販売台数と対応機種ではAndroid陣営が最も強いのだが、利用者を増やすにはパートナーとマーケティングがカギを握る。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
「法人カード調査部」法人カードのおすすめはこれだ!年会費無料・ポイント還元率・マイルなどタイプ別で厳選紹介(LITE)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP