2017年10月20日8:20

世界でさまざまなマルチポイントプログラム(連合ロイヤリティ・プログラム)が展開されているが、アメリカではこうしたマルチポイントプログラムは乱立していないと言われる。「ポイントカード・ロイヤリティマーケティング市場要覧」の第2章では米国のロイヤリティ・プログラムの動向を紹介している。

単独ブランドのマルチポイントプログラムはアメリカが発祥の地

アメリカでのマルチポイントプログラムは、2015年にアメリカン・エキスプレス(American Express)がPlentiを導入するまで、存在しなかったとするレポートもあるが、実はイギリスで1988年にスタートし、成功していた連合ロイヤリティ・プログラムのAir Milesが1990年にアメリカ、1992年にカナダと相次いで進出している。Air Milesは、カナダではその後成功をおさめ広く普及したものの、アメリカでは数年足らずで撤退を余儀なくされていた。

では、アメリカではマルチポイントプログラムは育たず、スタンドアローンのロイヤリティ・プログラムだけであったかと問われれば、ノーである。確かに、Air Miles撤退後、2015年にアメリカン・エキスプレスの連合ロイヤリティ・プログラムのPlentiがスタートするまでの間、Air Milesのような共通ブランドのマルチポイントプログラムは存在しなかったが、航空会社のFFPやホテルチェーンのFSPなど多くのプログラム・パートナーを擁する単独ブランドのマルチポイントプログラムは多数存在している。そもそも、こうした航空会社のFFPやホテルチェーンのFSPなど、多くのプログラム・パートナーを擁する単独ブランドのマルチポイントプログラムは、アメリカが発祥の地である。

ちなみに、アメリカでクレジットカードのカスタマー・ロイヤリティ・プログラムがブレイクしたのは、1990年代に大手自動車メーカーのGMがコブランディド・クレジットカードのVisaカードやマスターカードを発行し、カード決済金額に応じて新車購入時にインセンティブを提供したことが起因している。

また、アメリカン航空やユナイテッド航空などの航空会社のFFP機能が搭載されたコブランディド・クレジットカードもカード決済金額に応じてマイレージポイントを提供し、人気を得て、ポイントをより多く獲得するために高いクレジットカード利用を生み出している。イシュアであるカード会社(銀行)からもたらされるポイント購入代金が、FFPを運営する航空会社を大いに潤している。

図は、米国のマルチポイントプログラムである。中でも前述のPlentiには、Rite Aidのほか、モバイルフォンなどの通信ビジネスのAT&Tや大手石油会社のEXXON Mobile、全米でデパートを展開するMacy’s、保険と金融サービスのNationwide、電力などのエネルギー会社のDirect Energy、ビデオなどのオンライン配信サービスのHulu、“Alamo”や“National”、“Enterprise”のブランドで全米をネットワークするレンタカーのEnterprise、オンライントラベル大手のExpedia、Plentiの親会社でT&Eカードのアメリカン・エキスプレスがある。このほかに、800社以上のオンラインマーチャントがポイントパートナーとして参加している。

Plentiの特典ポイントは支払金額1ドル(約110円)につき1ポイントを基本に提供される。獲得した特典ポイントは、1ポイント=0.01ドル(1セント)のレートで、AT&TやEXXON Mobile、Macy’s、Rite Aidといったオフィシャルパートナーの店舗などで、200ポイント単位で決済に充てることができる。Plentiの1,000ポイントは、10ドル(約1,100円)に相当する。

(レポート「ポイントカード・ロイヤリティマーケティング市場要覧」より)

関連記事

ペイメントニュース最新情報

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

スマホ会員証でポイントサービス。今イチオシの「VALUE GATE」(トリニティ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP