東芝テック、クレジットカード決済を内回りで安全に処理する「CR-7000決済クラウドサービス」 PCI DSSとPA-DSSに準拠したサービスとしてさまざまな流通小売業、飲食店に提供

2018年3月6日0:10

東芝テックは、流通小売業や飲食店を主なターゲットに、マルチカード決済システム「CR-7000決済クラウドサービス」の提供を開始している。クレジットカード業界のグローバルなセキュリティ基準である「PCI DSS」に準拠した「CR-7000決済クラウドセンター」と、アプリケーションのセキュリティ基準である「PA-DSS」に準拠した決済共通アプリケーションを搭載した加盟店のPOSレジを接続。「実行計画2017」に示された、カード情報の「非保持化と同等/相当」の技術要件を満たし、“内回り方式”で決済情報を処理する。また、2020年に向けたインバウンド対応強化のニーズに応え、多通貨決済を可能としている。

「実行計画2017」の技術要件をクリア
“内回り方式”のシステムとして提供

量販店、専門店、ショッピングセンターなどの流通小売業や飲食店に、数多くのPOSレジ納入実績を持つ東芝テックでは、2017年10月より、マルチカード決済システム「CR-7000決済クラウドサービス」を提供している。

サービス開始に当たって、同社では、クレジットカード業界のグローバルなセキュリティ基準である「PCI DSS」に準拠した「CR-7000決済クラウドセンター」を立ち上げた。同時に、様々な業種業態でも利用でき、アプリケーションのグローバルなセキュリティ基準である「PA-DSS」に準拠した「決済共通アプリケーション」を開発し、POSレジに搭載。センターと加盟店のPOSレジをつなぎ、決済情報を安全に処理する。

東芝テック 商品・マーケティング統括部 上席主幹 決済ソリューションシニアコンサルタント 金澤肇氏

「CR-7000決済クラウドサービス」は、クレジット取引セキュリティ対策協議会が2017年3月に公表した「クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画2017(以下、「実行計画2017」)」、および、2018年6月に施行予定の改正割賦販売法に対応している。「実行計画2017」で示された、カード情報の「非保持化と同等/相当」の技術要件を満たす、“内回り方式”のシステムだ。

磁気クレジットカード、J-Debit、ICクレジットカードに加え、2020年の東京オリンピックに向けたインバウンド対応強化のニーズに応えて、多通貨決済を可能としているのも特徴の1つだ。銀聯(ぎんれん)カードや新韓(シンハン)カードでの決済にも対応する。

加盟店の経理業務をサポートする機能も充実している。日々のクレジット精査業務の際に必要な日次レポート(カウンター交換リスト、二重売上リストなど)、月末のクレジット管理レポートとして必要な月次レポート(会社別合計リスト、店舗別合計リストなど)をPDF形式で作成し、メールにて加盟店に提供する。

また、経理会計業務に必要な日々のクレジット明細データを、オンラインで提供。加盟店ではこれを基幹システムと連携させて、業務を効率化することができる。

CR-7000 決済クラウドサービスの概念図

2018年後半からが導入のピークに
ショッピングセンターや空港で採用進む

同社では、CCT(Credit Center Terminal:クレジットカード信用照会端末)をPOSレジに接続し、POS回線を通さずに決済専用回線でクレジットカード情報を処理する「非保持化」商材の“外回り方式”のシステムも提供している。また“内回り方式”にはもう1つ、「TEC CNC」というサービスもある。

東芝テック 商品・マーケティング統括部 上席主幹 決済ソリューションシニアコンサルタント 金澤肇氏は、「『実行計画2017』が求めている非保持化、あるいは、非保持化と同等/相当の、双方に対応するソリューションをラインナップしており、各店舗のニーズに合わせて選択していただけます」と説明する。また、商品・マーケティング統括部 決済・SCシステムソリューション商品部 統括部長 山口満氏は、「“内回り方式”の利点としては、クレジットカードの判定を端末側で行うため、センターとのやり取りが少なく、処理速度が速いことが挙げられます。また国内の流通小売業の業種・業態のPOS特有の運用(割引処理、ポイント処理等)には“外回り方式”ではハンドリングが難しいケースもあります。現状、『実行計画2017』の技術要件にかなう“内回り方式”のシステムは少ない」と特徴を述べる。

東芝テック株式会社
商品・マーケティング統括部 決済・SCシステムソリューション商品部 統括部長 山口満氏

「CR-7000決済クラウドサービス」は、2018年9月までの当初1年間で、100社への受注を見込んでいる。すでにショッピングセンターや空港などから受注済みで、検討中の企業も多い。加盟店にクレジットカードのセキュリティ強化対策が求められる2020年3月に向けて、2018年後半から2019年が導入のピークになると同社は見ている。

POS業界最大手の企業として、いち早く提供された“内回り方式”のサービスは、改正割賦販売法施行や実行計画の対応に向けて、加盟店の選択肢を広げることは間違いない。

blank

■お問い合わせ先
東芝テック株式会社
商品・マーケティング統括部
決済・SC システムソリューション商品部
TEL:03-6830-9290
URL:http://www.toshibatec.co.jp/
お問い合わせ先:https://www.toshibatec.co.jp/contacts/products/product_form.html

関連記事

ペイメントニュース最新情報

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

設立25年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

PayBやWeChatPay/Alipay等のスマートフォン決済、 リアルタイム口座振替、信頼性の高い収納代行、送金など、 様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

SaAT ポケレジ スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

「Alipay」「WeChat Pay」中国最大規模のオンライン決済サービス(トリニティ)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通FIP)

決済情報コラムを好評連載中!「コンビニ収納ペーパーレス決済(番号方式)のわずかな、でも大事な違い」(NTTインターネット)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

クレジット・デビットカード、銀聯カード、ギフトカード、リアルタイム口座振替、ペイジーなどの様々なサービスに関するソリューションをご提供(富士通)

シンクライアント決済ソリューション「Thinc-CORE(シンクコア)」 EMVレベル2認証取得でICクレジットカード対応を実現(セイコーソリューションズ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

全国180社以上の導入実績を誇る「CARD CREW PLUS」(ジィ・シィ企画)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP