2018年9月19日15:20

ヤフー(Yahoo!JAPAN)は、生体認証などの次世代認証の標準化を提唱する業界団体FIDO(ファイド)アライアンスの新たな規格「FIDO2」の認定を、2018年8月に世界で初めて開催された「FIDO2」認定テストにおいて、このほど取得したと発表した。国内企業では唯一の認定取得となるそうだ。

「FIDO2」は、生体認証デバイスなどを利用して、ウェブブラウザーを通じたオンラインサービスへのログインを実現する規格となる。ヤフーは「FIDO2」の認定を取得したことにより、同じく「FIDO2」の認定を取得した他社の生体認証デバイスなどとの接続が担保される。これにより、従来はログイン時にパスワードやSMS・メールで送られる確認コードの入力が必要だったが、今後はスマートフォンの指紋認証などの生体認証を利用してログインできるようになる。また、確認コードでのログインと同様、パスワードを使わない(パスワードレス)ため、“リスト型攻撃”による不正アクセスのリスクを解消できる。

ヤフーは、2014年にFIDOアライアンスに加盟して以来、技術仕様の策定に参加し、FIDO認証の実装方法の検討を進め、2015年には FIDO UAF 1.0の認定を取得している。また、FIDOに関連する技術講演の実施や、2016年に発足した「FIDO Japan Working Group」には副座長として参画し、FIDOの普及に取り組んでいるという。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP