麦多多智能科技、動的画像検知等の技術を使った自動販売機を展開

2019年8月13日9:00

中国の麦多多智能科技有限公司は、動的画像検知等の技術を使った自動販売機を展開している。新たな小売りインフラプロバイダーとして注目される同社の取り組みについて話を聞いた。

AIの画像認識により、99%以上の識別が可能

麦多多智能科技では、自動販売機をオフィスや学校、病院、コミュニティ、地下鉄などに設置している。利用者は認証後、自動販売機を開けて商品を取り出す際にカメラがどの商品を手に取ったのかを分析し、料金を計算する。ベースとするのは、AIの画像認識の技術だ。支払いはモバイル決済サービス「WeChat Pay」により行う。

麦多多智能科技の总经理

同サービスでは、商品の数、背景などを定めており、技術的に簡便で、比較的安価に提供できるのが特徴だ。同社 总经理は、「米国で展開されている無人店舗の技術的な問題は、ショップに入ると商品に加え、人も捉えます。ビジネス的な価値として、投資が多く、技術を展示するショーケースです。弊社は、いくつかのカメラで商品を認識でき、99%以上認識できるのが売りとなっています」と説明する。

また、従来の自動販売機は機械装置が多いため、故障が多くなるというが、「自身が好きな商品を全部手にとることができ、内部に機械装置を使っていないため、比較的長期間利用できるとしている。

10年内には1,000万台の市場になる?

現在、同社の自動販売機は、全国20エリアで、3,000~4,000台の自動販売機が設置されているという。中国における飲食物の販売では、デリバリーやコンビニエンスストアなどもあるが、将来的にはケース型の消費が3分の1になるとみている。10年内にはその台数は1,000万台になると予測しており、その10%のシェアを獲得できれば、ビジネスも大きく成長できると考えているそうだ。

※2019年4月25日~27日まで開催された「China International Self-service, Kiosk and Vending Show 2019」(CVS)において

関連記事

ペイメントニュース最新情報

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
「法人カード調査部」法人カードのおすすめはこれだ!年会費無料・ポイント還元率・マイルなどタイプ別で厳選紹介(LITE)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP