小池都知事がキャッシュレス決済を体験、東京2020の1年前記念イベント実施

2019年8月20日8:45

一般社団法人東京臨海副都心まちづくり協議会主催の東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会1年前記念イベント「Festival d’ete ODAIBA 2019」が2019年8月16日~8月19日まで東京・台場で開催された。最終日の8月19日には、東京都知事 小池百合子氏と、Visa Inc.エクゼクティブバイスプレジデント兼最高マーケティング/コミュニケーション責任者 リン・ビガー氏によるトークセッション、およびキャッシュレス夜祭り体験が行われた。

左から東京都知事 小池百合子氏と、Visa Inc.エクゼクティブバイスプレジデント兼最高マーケティング/コミュニケーション責任者 リン・ビガー氏

東京臨海副都心まちづ くり協議会は、ビザ・ワールドワイド(Visa)などのオリンピックスポンサーと共に、トライアスロンやマラソンスイミングの競技会場となるお台場海浜公園と、スポ ーツクライミングなどアーバンスポーツの競技会場となる青海アーバンスポーツパーク(青海 NO・R 区画)をつなぐ、 ウエストプロムナードにおいて、東京2020大会 1 年前を記念したイベントとなった。

19日には、会場のセントラルステージに、小池氏とリン氏が登壇。大会組織員会では、さまざまな競技が行われる臨海副都心エリアを「東京ウォーターフロントシティ」と名付け、新しい楽しみ方を経験してもらう場と捉えている。小池氏は、大会を支えるIoT(Internet of Things:モノのインターネット)、安心・安全、スポーツエンターテイメント、環境など、新たな技術を日本、東京から、世界に発信するチャンスであるとした。

Visaが取り組むキャッシュレス決済をはじめ、5Gを用いた高速通信、AIを活用した顔認証などを進めている。小池氏は、「ライフスタイルを一変するような技術を大会のレガシーとして育み、社会に実装することで、東京が世界をリードしていくように全力で取り組んでまいります」と意気込みを語った。

リン氏は、「Visaでは、決済テクノロジーパートナーとして参加させていただくことに誇りに思っています。競技会場やイベントの場、選手村などで最先端決済技術を駆使し、スポーツファンの体験を向上させる機会と捉えています。東京2020においても忘れられない体験を皆様に提供できるように準備しています。経済成長の加速支援、日本人や訪日客の皆様に感動していただける体験に向け、努力していきたいです」と述べた。

Visaでは、会場に「Visaでタッチ夜祭り」のブースを設置。トークセッション後は、リン氏と共に小池知事が「Visa でタッチ夜祭り」のブースに移動し、「Visaのタッチ決済」を体験した。また、キャッシュレス縁日コーナーでは、キャッシュレスでだるま落としゲームを体験し、見事に成功。さらに、顔写真つき折り鶴で、オリンピックアスリートを応援するアクティビティも見学した。

 

Squareの端末でVisaのキャッシュレス決済を体験

一発勝負のだるま落としは見事成功
顔写真つき折り鶴「オリガメモリー」で、オリンピックアスリートを応援

なお、Visaでは、同イベントでの売り上げはすべて「JOC オリンピック選手強化寄付プログラム with Visa」にて、東京2020オリンピックを目指すアスリートの支援を目的に、JOCを通じて東京2020オリンピック実施競技団体に寄付するそうだ。

 

関連記事

ペイメントニュース最新情報

PayBやWeChatPay/Alipay等のスマートフォン決済、 リアルタイム口座振替、信頼性の高い収納代行、送金など、 様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

SaAT ポケレジ スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

「Alipay」「WeChat Pay」中国最大規模のオンライン決済サービス(トリニティ)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通FIP)

設立20年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

決済情報コラムを好評連載中!「コンビニ収納ペーパーレス決済(番号方式)のわずかな、でも大事な違い」(NTTインターネット)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

クレジット・デビットカード、銀聯カード、ギフトカード、リアルタイム口座振替、ペイジーなどの様々なサービスに関するソリューションをご提供(富士通)

シンクライアント決済ソリューション「Thinc-CORE(シンクコア)」 EMVレベル2認証取得でICクレジットカード対応を実現(セイコーソリューションズ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

全国180社以上の導入実績を誇る「CARD CREW PLUS」(ジィ・シィ企画)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP