日本のキャッシュレス比率の成長、決済事業者の勢力図の今後についてカンム、コイニーが予測

2019年9月25日8:05

カンムは、2019年10月の消費増税とともに開始する「キャッシュレス・消費者還元事業」をテーマに、記者向けの勉強会を2019年8月27日に開催した。カンム 代表取締役社長 八巻渉氏と、ゲストスピーカーのコイニー 取締役 井尾慎之介氏がキャッシュレス比率についての解説、キャッシュレス事業者の今後の勢力図の変化について展望した。

加盟店側の受け入れ準備が課題
キャッシュレス・消費者還元事業に期待

カンムは、 2011年1月に創業したテクノロジー企業で、クレジットカード加盟店への送客(CLO)サービスを経て2016年に最短1分で発行可能なプリペイドカード「バンドルカード」をリリースしており、すでに専用アプリは通算150万ダウンロードを突破している。一方、コイニーは、店舗のキャッシュレスサービスとして、スマートフォンやタブレットと接続する「Coiney(コイニー)」を提供している。クレジットカード、電子マネーに加え、QRコード決済にも対応可能だ。

カンム 代表取締役社長 八巻渉氏

政府が実施する「キャッシュレス・消費者還元事業」での「キャッシュレス決済事業者」のうち、発行事業者(イシュア)のA型にカンム、加盟店支援事業者(アクワイアラ)のB型にコイニーが登録している。バンドルカードの場合、カード利用者が事業参加店舗で決済を行うと、決済額 30万円(月)のうち最大1.5万円が還元される。また、同事業でコイニーの決済端末を導入する一般の中小・小規模事業者では、決済端末が無料となり、また、決済手数料は実質2.16%(通常Visa、Mastercard、電子マネーは3.24%)で利用可能だ。

勉強会では、国内のキャッシュレス比率について説明した。キャッシュレス推進協議会「キャッシュレス・ロードマップ2019」では、国内のキャッシュレス化比率は20%程となっているが、法人間決済か個人による支払い化を判別できないため、銀行同士のやりとりは除外されている。また、母数には持ち家帰属家賃が含まれているが、これを分母から除外するとキャッシュレス化比率は26.2%まで上がるため、「ここからのスタートとなると(政府が目標としている2025年に40%は)案外いけそうな気もします」と井尾氏は話す。

コイニー 取締役 井尾慎之介氏

また、日本のクレジットカード発行枚数は約2億7,500万枚で、成人一人当たり3枚程度保有している計算だ。そのため、消費者側の支払い準備はできているが、加盟店側の受け入れ準備が課題であるとした。加盟店での導入を阻む理由として、井尾氏は決済手数料と入金までのキャッシュサイクルを挙げるが、今回のキャッシュレス・消費者還元事業で解消に向かう可能性があるという。八巻氏も、「加盟店は今回おおいに広がりそう」と話す。

「キャッシュレス・消費者還元事業」については、カンム 事業開発担当 宮尾 拓氏が解説した

今後もクレジットカード中心の勢力?
QRは割引以外のユースケース開発が鍵

また、これまでクレジットカードが中心だった事業者の勢力図がQRコード決済事業者の登場により変化するか、という議論も行われた。現状、キャッシュレス決済の母数のうち90%以上がクレジットカード決済であり、電子マネーが6兆円ほどの市場規模となっている。

今後もクレジットカードが中心となる傾向は「あまり変わらない」と八巻氏は予測。その理由として、ポイントなどのインセンティブを与えてユーザーを集める以外に、QRコード決済活用の方法論を見つけることができていないことを挙げた。インセンティブに興味を示す人は一定数いるが、マスに広がるサービスとなるには、それ以外の付加価値を見出すことが重要だとしたうえで、「ユースケースが開発されない限り、毎年1%ずつ伸びる程度」と八巻氏は語った。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
「法人カード調査部」法人カードのおすすめはこれだ!年会費無料・ポイント還元率・マイルなどタイプ別で厳選紹介(LITE)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP