auじぶん銀行、スマホを使った決済・金融サービスを提供する「スマートマネー構想」を推進

2020年2月12日8:40

auぶん銀行は、2020年2月10日、じぶん銀行からの行名変更についての記者説明会を行った。記者説明会では、今後の戦略や展望を代表取締役社長の臼井朋貴氏がプレゼンテーションした。

中央がauじぶん銀行 代表取締役社長の臼井朋貴氏。当日は2019年ミス・ジャパングランプリをした土屋炎伽さん(右)と、声優・俳優として活躍中の土屋神葉さん(左)姉弟をゲストにお招きし、ぶん銀行のサービスについての感想や、各種キャンペーンについてのトークセッションを行った

8割の利用者がスマホ経由

auじぶん銀行は、2008年にKDDIと三菱UFJ銀行の共同出資により設立。主にスマートフォン向けのフルバンキングサービスを提供している。現在、口座数は383万口座、預金残高1.3兆円、貸出残高1兆円となる。auじぶん銀行 代表取締役社長の臼井朋貴氏は「8割のお客様がスマホ経由でご覧いただいています。男女の比率も半々です」と話す。年代も偏りがなく利用されているという。

2011年2月から提供する「auじぶん銀行アプリ」は、操作性を意識したデザインだ。また、2015年2月には、申し込みから契約実行に至るまでスマホで完結する住宅ローンを提供している。

世界に認められたモバイル銀行

サービス展開として、KDDIではスマホ決済の「au PAY」を推進しているが、auじぶん銀行では2019年4月からカードレスデビット「じぶん銀行スマホデビット」を提供している。2017年6月から提供するAI外貨予測は、過去の為替の変動から、数時間後~数日後の為替変動をAIが分析・予測し、顔のアイコンで表示する。臼井氏は「的中率が70%くらいありますので、判断材料にお使いいただけます」と話す。また、2018年3月から提供する「AI外貨自動積立」は、AIが月内の営業日の中でより安値(円高)で購入することが可能と判断した日に、利用者指定の金額を円普通預金口座より自動的に引き落とし、外貨普通預金への預入れを実施するサービス有利な局面で買い付けるようにできるようにしている。

たとえば、じぶん銀行スマホデビットは、 Informa PLCのグローバルに展開するデジタルメディア「FinTech Futures」が開催した「Banking Technology Awards 2019」において「Best Mobile Initiative」(最優秀モバイルサービス賞)を受賞している。ほかにも賞を受賞しており、世界に認められたモバイル銀行である点が強みとなっている。

アプリをハブにして金融サービスを提供

現在、auフィナンシャルグループでは決済・金融サービスをより身近にする「スマートマネー構想」を掲げている。「au PAY」の2,200万超の会員、auフィナンシャルグループの3,300万規模のユーザーに加え、共通ポイント「Ponta」との連携により、1億超、年間ポイント付与額2,000億円の基盤となる予定だ。auじぶん銀行では、アプリをハブにして金融サービスを提供することで、エンゲージメントを高めていきたいとしている。

ポイント運用などの仮想体験の提供強化

今回の行名変更により、auじぶん銀行のキャッシュカードも新しくなる。2020年度の戦略として、資産形成のサポートをより強化していく方針だ。利用者を、ポイント運用、資産運用体験アプリなどの仮想体験とAI予測やセミナーなどのサポートにより、資産運用がより身近になるように努める。ポイント運用は、貯まったポイントで気軽に運用ができるため、「ポイントを普段それほど使わない人は、運用に回していただきたい」とした。また、資産運用体験アプリは2020年6月の提供を予定している。さらに、外貨予測だけではなく株価予測なども提供し、わかりやすい資産運用をサポートしていく。そのほか、チーフエコノミストによるウェブセミナー、ファイナンシャルプランナーによる無料家計見直し相談なども展開する。

住宅ローンでは、2020年1月の累計実行額が7,000億円を突破している。キャンペーンとして、2019年2月3日から、借換え限定で実施中の「金利引下げキャンペーン」を、新規借り入れの人にも対象を拡大した。さらに、KDDIが提供する「じぶんでんき」とセットで契約してもらうことで、住宅ローンの金利が年0.03%引下げとなり、全期間引下げプラン変動金利が年0.38%となる。

SDGsに関しては、社会貢献活動については地道に取り組んできたが、全社を挙げて本格的に取り組む。

2月10日からは、新規口座開設や各種商品の取引によってポイントや現金をプレゼントする「auじぶん銀行、 はじまる。行名変更キャンペーン」を実施する。総額1億円以上のWALLETポイントをプレゼントする取り組みとなるそうだ。2019年12月9日から開始している新規口座開設キャンペーンを含めると、計12件のキャンペーンが並行して行われる。

行名変更キャンペーンとして、まず、 2月10日~3月29日まで、毎週50名、計350名に「10万WALLET ポイント!チャージ&au PAY利用であたるキャンペーン」を実施する。auじぶん銀行の口座からチャージして、au PAYで買い物をすると、au WALLETポイントをプレゼントする。

対象となる9つのサービス・商品を利用された場合、最大で4万円相当のポイントに加え5万円の現金をプレゼントするそうだ。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

スマホ会員証でポイントサービス。今イチオシの「VALUE GATE」(トリニティ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP