カンム 「バンドルカード」利用者が拡大、1分で発行できるサービスとして若年層から支持を得る

2020年6月2日8:00

カンムは、専用アプリから登録してお金をチャージするとVisaカードとして支払いができるブランドプリペイドカード「バンドルカード」を展開している。最短1分で発行でき、チャージ式で利用金額が把握できることが支持され、アプリのダウンロード数が伸びているという。利用者は、スマートフォンアプリに表示してネットショッピングで使える「バーチャルカード」のほか、世界のVisa加盟店で利用できるプラスチック製カードの「リアル」「リアル+(プラス)」が発行可能だ。

ネットショッピングに加え国内の実店舗で使える「バンドルカード『リアル』」は白・黄の2色から、さらに海外の実店舗でも使える「バンドルカード『リアル+(プラス)』」は赤・青・黒の3色から選択可能

オンライン課金・決済や日常使いが利用の中心
3年間で売上高3,592.16%を達成

――まずは、バンドルカードのこれまでの発行状況についてお聞かせください。また、特に利用の多い加盟店はございますか?
カンム:2020年4月時点で220万DL(ダウンロード)に到達しました。加盟店については、金額や回数、また時期によって異なるため一概には言えませんが、上位はGoogle Play・Amazon・iTunesなどのオンライン課金・決済や、コンビニエンスストア・ドラッグストアなどの日常的なお買い物先です。最近では、動画配信サービス主催者への「投げ銭」課金も目立ってきています。年代は、20-30代の若手社会人世代、次いで学生世代の方々に多くご利用いただいております。

――これまでの取り組みの成果は感じられていますか。
カンム:「バンドルカード」は、2016年9月のサービス開始から着実に利用者層を広げ、直近の1年間で累積ダウンロード数は2倍(2019年1月 100万DL→2020年1月 200万DL)となりました。この間、ユーザーの皆さまからは「チャージ式のため使いすぎることがない」「(通販の際に)コンビニなどでの支払いは手数料が余計にかかってしまうが、クレジットカードと同様に支払えるバンドルカードは便利で他人に勧めたい」などの評価をいただきました。

ダウンロードから最速1分で利用できる迅速性と、年齢にしばられず誰でもつくれる利便性、そして事前チャージ式のため金銭管理がしやすい安心感が、幅広い支持を集めています。ユーザー数の拡大に伴い事業も順調に成長し、2016年度から2018年度の3年間で売上高3,592.16%を達成しております。

――タレントのベッキーさんを起用したテレビCMも放映されましたが、認知度は高まりましたか?
カンム:はい。放映前にはリーチしきれていなかった主婦層や中高年などに、広くサービス名(アプリ名)を認知していただけたと考えています。

「リアル+カード」で上限額アップや海外利用が可能に
表面にカード番号がないカードも発行

――2018年4月から「アプリインストールからおかねが手に入るまで“最速180秒”」を売りにした後払いサービスの「ポチっとチャージ」を展開されていますが、利用者の未収の状況はいかがですか?
カンム:お支払いに関しては(後払いサービスを提供する)Gardia株式会社に行われるもので、当社では直接把握していません。ただ、全体的にご利用状況はとても健全です。

――プラスチックカード発行の理由と現在までの状況についてお聞かせください。
カンム:実店舗での利用ニーズに応えるため、プラスチックカード(リアルカード)自体は2016年のサービスイン当初から提供してまいりました。さらに上限額アップや海外店舗利用など対応範囲を広げた「リアル+(プラス)カード」も2017年より開始、好評を得ています。バーチャルカードのみのユーザーに比べて決済額・定着率ともに高い傾向にあります。

アプリで金額を入れてポチっとするだけで即座にチャージできる「ポチっとチャージ」に加え、ドコモ払い、セブン銀行ATM、コンビニ、クレジットカード、ビットコイン、ビットコイン(bitFlyer)、ネット銀行、銀行ATM(ペイジー)からチャージが可能

――2019年5月より「表側にカード番号のないVisaカード」を発行されましたが、その経緯についてお聞かせください。
カンム:マーケティング観点からは、SNSでの券面画像シェアを促すキャンペーンを行うことでユーザーエンゲージメントの活性化を図っており、気軽に画像アップロードしやすくなるようカード番号は裏面に移動させました。デザイン観点では「日常に寄り添うカード」としてのストーリーを既存券面よりも際立たせるため、すっきり・気軽・さりげないを意識しています。

フリークアウトと業務提携
今夏には決済・投資に関する新商品を投入予定

――バンドルカードのさらなる稼働率アップに向けての取り組みはされていますか? また、フリークアウト・ホールディングスと包括的資本・業務提携されたことによるメリットについてもご説明ください。
カンム:アプリとしての利便性・安全性向上やリアルカード発行率の向上などに粛々と取り組んでまいります。

フリークアウト・ホールディングスとは、2018年1月の提携以降、営業やテクノロジーに関する知見・ノウハウの相互提供や人脈交流、またフリークアウト・ホールディングス 佐藤裕介 取締役(現)を弊社の社外取締役として迎え入れるなど、協力関係を深めております。

――Visaのファストトラックプログラムに参加されるなどの動きも目立ちますが、今後のカンム様としてのバンドルカード以外の展開がございましたらお答えいただければ幸いです。
カンム:今夏には決済・投資に関する新商品を投入予定です。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
「法人カード調査部」法人カードのおすすめはこれだ!年会費無料・ポイント還元率・マイルなどタイプ別で厳選紹介(LITE)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP