広告配信・マーケティングサービス 「イグニカサイネージサービス」本格運用(U.S.M.Holdings)

2020年8月6日19:51

ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス(U.S.M.Holdings)は、リアル店舗での、AIデジタルサイネージを活用した広告配信・マーケティングサービス「イグニカ(ignica)サイネージサービス」の本格運用を開始すると発表した。

「イグニカサイネージサービス」本格運用

「イグニカ」は、U.S.M.Holdings の独自ブランドとして、店舗サイネージをネットワーク化し、商品情報、料理レシピ動画、生活情報等、利用者にとって価値ある情報やコンテンツをリアルタイムで配信提供するという。

さらに、AIカメラの活用によりコンテンツ視聴効果の分析・可視化を可能とし、効果的な広告配信と効果検証が可能となる。

2020年3月より事業会社のカスミ3店舗にて実証実験を行っていたが、8月より順次、カスミの21店舗で本格展開する。また、マルエツ、および、マックスバリュ関東も、9月以降に順次展開を進めているそうだ。

イグニカサイネージサービスでは、店内に約40インチのサイネージディスプレイを10画面設置。売場状況に合わせ、サイネージごとに異なるコンテンツを配信する。サイネージはネットワーク化により管理し、クラウド上で配信コンテンツ管理やスケジュール設定を行う。店舗やディスプレイごとに配信設定が可能だ。コンテンツは自社配信動画に加え、他企業のサイネージ広告配信を行うという。

また、サイネージとAIカメラの組み合わせにより、サイネージごとの視聴人数、視聴時間、性別、年齢層を計測し、データ分析及びレポーティングを行う。店内販売データと連携することで、効率的にサイネージの効果分析を行うことができるという。

さらに、「イグニカサイネージサービス」は、U.S.M.Holdings の独自開発により、機能を最適化し、低価格でのサービス提供を実現しているそうだ。また今後はU.S.M.H公式モバイルアプリとの連携、配信コンテンツ・スケジュールの最適化などを可能とするAIレコメンドエンジンの搭載など、継続的な機能のアップデートを進めていきたいとしている。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP