決済アプリケーションセキュリティ基準「PA-DSS」入門 第3回(2/4)

2010年10月29日8:30

決済アプリケーションセキュリティ基準「PA-DSS」入門 第3回(2/4)

要件5続き:Webインターフェースを持っている場合

OWASPのTOP10ガイドラインにしたがって開発する

続いて要件5.2では、決済アプリケーションがWebインターフェースを持っている場合、OWASPのTOP10ガイドラインにしたがって開発することが求められている。決済アプリケーションが、Webアプリケーションではない、もしくはWebアプリケーションが使用するモジュールなどではない場合は、本要件は対象外となる。

OWASP Top Ten Project: http://www.owasp.org/index.php/Category:OWASP_Top_Ten_Project

このTop10は、Webアプリケーションのもつセキュリティリスクの高いものから上位10項目が挙げられている。最新のOWASP Top10は2010年版であるのに対し、PA-DSSは2009年に公開されたものであり、項目に差異が生じているが、この場合はPA-DSSに記載されているものではなくOWASPの最新版に基づいた対策が必要だ。

図. OWASP Top10 2007-2010比較(引用元:OWASP Top10 - 2010 p.4)

■ソフトウェア変更時は、管理者による承認、影響範囲の分析、本番機能のテスト、戻し手順をもって変更を適用すること(5.3)

ソフトウェアに変更を加える際は、管理者による承認、影響範囲の分析、本番機能のテスト、戻し手順を含む変更管理手順に則って実施することが求められる。これらが存在しない状態でソフトウェアに変更が加えられ、リリースされてしまうと、過失や故意を問わず、不正なコードが混入したり、脆弱なサブシステムやモジュールが組み込まれてしまったり、という可能性があるためである。企業向けのアプリケーション開発やシステム構築を行っている企業にとっては実施して当然といえる要件だが、今一度、抜けがないかを確認することをお勧めする。

■ペイメントアプリケーションは安全でないサービスやプロトコルの使用もしくは要求してはならない(5.4)

まず、ペイメントアプリケーションでは、ファイル共有やTelnet、FTPを使用してはならない旨が要求されている。これらのサービス、プロトコルは一例に過ぎないため、安全でないサービスやプロトコルはこれらに限らない。どのように安全かどうかを判断するかについては、認証の仕組みや認証に使用される情報の暗号化、伝送される情報の暗号有無などを考慮するのが良いだろう。また、ペイメントアプリケーション本体だけでなく、関連するモジュールや他システムが安全でないサービスやプロトコルを使用することを‟要求する”ことも禁止される。つまり、ペイメントアプリケーションと連携して通信を行うシステムがFTPを使用することを想定しており、他システムがFTPを使用しないとペイメントアプリケーションが正しく動作しない、といったことがないようにしなくてはならない。つまり、アプリケーション単体のセキュリティだけでなく、実装する環境や運用のことも踏まえて設計しなければならない。PA-DSS認定アプリケーションは、顧客のPCI DSS準拠を助けるものであり、PCI DSS準拠を阻害してはならないという考え方を、明確にあらわしている要件の1つでもある。

⇒⇒決済アプリケーションセキュリティ基準「PA-DSS」入門 第3回(3/4)へ

⇒⇒決済アプリケーションセキュリティ基準「PA-DSS」入門 第3回(4/4)へ

⇒⇒決済アプリケーションセキュリティ基準「PA-DSS」入門 第3回(1/4)へ戻る

⇒⇒連載目次へ

関連記事

ペイメントニュース最新情報

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

PayBやWeChatPay/Alipay/ PayPay等のスマートフォン決済、ミニプログラム、 越境EC、リアルタイム口座振替、信頼性の高い収納代行、送金など、 様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

最強レベルのホワイトハッカーによるペネトレーション試験をお引き受けします。(決済ネットワーク、Webアプリ、決済ターミナル向け)(FIME JAPAN)
【8/26(水)開催】CREPiCO「ペイジー口座振替受付サービス」フィットネス・スポーツ業界向けWebセミナー(セイコーソリューションズ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

設立25年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP