ポイント管理システム全体の市場規模は2017年で330億円に拡大と予測(ミック経済研究所)

2012年9月26日10:56

ミック経済研究所は、国内におけるポイント管理システム全体の市場規模の予測を発表した。

ポイント管理システム市場規模推移(出典:ミック経済研究所のプレスリリース)

同社では、国内においてポイント管理システムを提供している企業を対象に調査を実施。これによるとポイント管理システム市場規模は、2011年度で18,300百万円となった。

ポイント管理システムは、すでに普及しており珍しいものではない。しかし日本の国内経済が今後大きな伸びを示すとは考えづらいなかで、従来よりも効果的な集客や囲い込み施策が重要視されるようになってきている。その1つがポイントサービスで、今回調査したポイント管理システム市場は、2012年度で前年度比108.2%の19,800百万円、2013年度は前年度比110.1%で21,800百万円が予測され好調な伸びが続くと予測している。

成長の主な要因として①複数ブランドや事業のポイント共通化・統合化、②ECと実店舗のポイント共通化・統合、③大型商業施設開業と施設内共通ポイントの開始、④ポイントに紐づく顧客(会員)情報の活用ニーズの高まりなどが挙げられる。

これらに加え、現在議論が重ねられているIFRS(国際会計基準)は、最短で2017年3月期以降に上場企業への適用が検討されている。IFRSは、未使用ポイントを負債として計上し、いままで売上に計上していた金額が減少する。この会計上の大きな変更に伴って、ポイントサービスをやめるか、ポイントサービスの仕組みを大きく変えるといった選択を迫られる企業ができており、すぐではないものの2016年度、2017年度頃を目処にシステムの見直しを図る上場企業が増えると同社では予測する。

こういった要因を背景に2013年度から2017年度まで好調に二桁伸びが続き、平均成長率11.0%で推移し。2017年度には33,300百万円と2011年度比で約1.8倍まで市場が拡大すると予測している。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
「法人カード調査部」法人カードのおすすめはこれだ!年会費無料・ポイント還元率・マイルなどタイプ別で厳選紹介(LITE)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP