おサイフケータイを活用した「iCタグリーダー」の提供を開始(NTTドコモ)

2010年11月10日19:49

NTTドコモは11月10日、ポスターなどに貼り付けたICタグにおサイフケータイをかざして情報を読み取ることができるアプリケーション「iCタグリーダー」を開発し、2010-2011冬春モデルの発売にあわせて提供すると発表した。

iCタグリーダーとは、NFC Forumで国際標準化されているICタグの仕様の一つである「NFC Type3Tagフォーマット」 に準拠したICタグなどに書き込まれたURLなどの情報を、おサイフケータイのリーダー/ライター機能を使って読み取ることができるアプリケーションである。利用者はiCタグリーダーを起動して、ソニーが開発した「FeliCa Lite」などのICタグにおサイフケータイをかざすだけで情報を読み取ることができるため、暗い場所や日差しが強い場所でも利用できるという。また、読み取った情報からメール機能などを起動して利用することも可能だ。

なお、iCタグリーダーは、2010-2011冬春モデルのおサイフケータイを搭載したiモード機16機種にプリインストールされる。また、FOMA903iシリーズ、703iシリーズ以降のおサイフケータイを利用するユーザーも、11月15日9時より専用サイトからダウンロードすることができる。

なお、バンダイナムコグループのメガハウスによるフィギュアなどのホビー商材を中心とした展示イベント「メガホビ EXPO 2010」が11月21日に秋葉原UDXギャラリーで開催されるが、同イベントでバンダイナムコゲームスによる「iCタグリーダー」を活用したサービス事例を見ることができるという。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP