AIによるマッチングで配車、「希望日時配車」「優先パス」開始(MoT)

2020年11月12日18:25

Mobility Technologies (MoT)は、タクシーアプリ「GO(ゴー)」において、2020年11月12日より新たな機能のサービス提供を開始すると発表した。「希望日時配車」機能を東京都23区・武蔵野市・三鷹市/神奈川県の2エリアから、「優先パス」機能を北海道/宮城県/埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県/愛知県/京都府/大阪府/兵庫県/福岡県の11エリアから開始し、それぞれ順次エリア拡大を行う予定だ。

画像はイメージ(MoT)

今回新たに追加される「希望日時配車」機能は、25分後から7日後までの希望日時を指定して注文することができる。既存予約枠を先着で埋めるのではなく、MoTが持つこれまでのタクシーデータを踏まえAIによって注文枠数を調整する。エリアや時間帯などのトレンドを予測し、アプリシステム内で指定タイミングに合わせたタクシー注文を行う。予約枠の兼ね合いから従来「JapanTaxi」アプリでは、ユーザーからの予約注文に対して半数にも満たない成約率となっていたが、後継アプリ「GO」の新ロジックにより、これまでの「JapanTaxi」アプリの約10倍以上の注文件数を受けることが可能となり、ユーザーは通常のタクシー注文と同様の感覚で配車注文を入れることができる。また、タクシー乗務員は予約枠調整のための事前待機が不要となるため、効率的な営業を行うことができるという。同「希望日時配車」機能は、事前に車両を確定させる予約サービスではないが、都内でのテスト期間中100%の注文成立となったそうだ(2020年11月東京都・神奈川県にて n=200)

「優先パス」機能は、注文時に空車車両が見つからなかった場合、将来的に空車になる車両を含め、最も早く迎えに来る車両をマッチングする機能だ。これまで「JapanTaxi」アプリでは空車が見つからない場合、エリアを広げて空車を探していたが、「GO」の「優先パス」では、AIを活用し、現時点では空車ではないが将来的に空車となる車両を含めて探車を行いる。

「希望日時配車」「優先パス」機能共に、まずは限定エリア内で機能提供をスタートし、順次エリア拡大・機能向上を行っていく予定だ。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
電子マネー、クレジット、QR・バーコード、共通ポイントなど、多数のキャッシュレス決済サービスをワンストップで提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)
決済領域を起点に多様なビジネスニーズに応える各種ソリューションを提供(インフキュリオン)
ReD ShieldやSift等の不正検知サービスを提供し、お客様の不正対策を支援(スクデット)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
TOPPANの決済ソリューションをご紹介(TOPPANデジタル)
多様な業界のニーズに対応した、さまざまなキャッシュレス・決済関連サービスを提供する総合決済プロバイダー(DGフィナンシャルテクノロジー)
決済業務の完全自動化を実現する「Appian」とクレジット基幹プラットフォームを合わせてご紹介!(エクサ)
チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

PAGE TOP