「MakeShop」が不正検知・認証システム「ASUKA」とサービス連携(GMOメイクショップ/アクル)

2021年2月25日18:30

GMOメイクショップは、ネットショップ構築ASP「MakeShop byGMO(以下、 MakeShop)」において、2021年2月25日から、アクルが提供する、不正検知・認証システム「ASUKA」とサービス連携を開始したと発表した。これに伴い、同日より「MakeShop」のオプション機能として「不正購入防止(ASUKA)」を提供開始した。なお、 ネットショップASP業界における「ASUKA」とのサービス連携は、「MakeShop」が初となる。

GMOメイクショップが運営する「MakeShop」は、2004年に提供開始した低価格で本格的なネットショップを作成できるASPサービスで、2012年から8年連続で年間総流通額業界No.1を獲得しているそうだ(同社調べ)。

昨今のBtoC EC取引では、 決済手段としてクレジットカードが利用される機会が多く、 「MakeShop」でも全ネットショップにおける決済のうち、約50%はクレジットカード決済が占めている。BtoC EC市場でのクレジットカード決済が増加する一方で、番号盗用などによる不正利用も増加しており、国内発行カードにおける番号盗用の被害額は2020年1月~9月期で156.5億円を超えている(一般社団法人日本クレジット協会調べ)。 通常クレジットカードの利用時には、有効性と与信枠を確認する与信照会が行われるが、本人確認の実施は加盟店に義務付けられており、不正利用された場合には、カード会社から加盟店への売上が取り消されるチャージバックが発生する。また、すでに商品を発送していた場合は商品も戻ってこないため、加盟店となるショップ運営者が損害を被ることになり、 「MakeShop」においても不正利用対策への相談が増えていたそうだ。

一方アクルは、 2020年7月より不正検知・認証システム「ASUKA」を提供している。 「ASUKA」は従来の不正検知システムで課題とされていた真正ユーザーの誤検知を抑える仕組みを取り入れていることや、簡易に導入できる点、また、従量課金がない固定費制であることなどが支持され、大手の旅行予約サイトやネットショップで採用されている。今回GMOメイクショップとアクルは、ネットショップ運営者のクレジットカード不正利用対策をサポートしチャージバック被害を低減させるため、「MakeShop」と「ASUKA」をサービス連携させ、「MakeShop」で構築されたネットショップ向けのオプション機能として「不正購入防止(ASUKA)」を提供することとなった。

今回の連携で一番大きい点は、国内で初めて、ASPカートを利用する加盟店でも「ASUKA」をシームレスに利用できることだが、“開発費用負担ゼロ”で「ASUKA」を最短2営業日で利用できるそうだ。

株式会社アクル

106-0032
東京都港区六本木一丁目9番9号 六本木ファーストビル14階
独自ノウハウを基に、チャージバックをはじめとするECの脅威に対して対応できる、様々な不正対策ソリューションの導入支援と情報提供を通じ、クレジットカードの第三者利用によるリスクの根本的な解決を目指します。 不正検知・認証システムやチャージバック保証などを提供しております。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP