スクエアが新端末「Square Terminal」販売、加盟店やPOSメーカーにとってのメリットは?

2021年3月17日8:45

Square(スクエア)は、2021年3月16日にオンラインで記者説明会を行い、国際ブランドのクレジットカードなどの支払いや電子マネー決済、レシートプリンター、POSレジとしての機能を提供する新型の決済端末「Square Terminal(スクエアターミナル)」を日本の市場に向けて販売開始すると発表した。端末を使用した加盟店の声、クレジットや電子マネーの決済手数料体系、Windows POSレジ「BCPOS」がいち早くPOS連携を開始したビジコムのメリットなどについて紹介する。

4万6,980円(税込)で販売

当日は米国本社のハードウェア担当責任者 ジェシー・ドロガスカー氏と該当製品を統括する責任者 トーマス・テンプレート氏が新製品について紹介した。スクエアは、2009年に設立。スマートフォン決済のパイオニアとしてさまざまな製品を投入してきた。直近では、2019年に新型Square Reader(スクエアリーダー)とSquare Stand(スクエアスタンド)を国内で発表。2020年には、スクエアリーダーが「Suica」などの交通系電子マネーと、「iD」「QUICPay+(クイックペイプラス)」の電子マネー決済での支払いに対応した。また、オンライン決済への取り組みも同年に発表している。

EMVコンタクトレスにも対応したスクエアターミナル(右)。左がスクエアリーダー

同社によると、日本でスクエアを活用している加盟店の4社に1社が現金よりキャッシュレス決済を利用している。1年前は5社に1社だったが、「大きな進捗がみられた」とドロガスカー氏は成果を述べる。また、54%のスクエア加盟店が非接触決済を受け入れている。

今回発表したスクエアターミナルは、米国、カナダ、オーストラリア、英国ではすでに展開しており、日本は5カ国目の投入となる。クレジットカードやデビットカードといった国際ブランド決済、Suica、iD、QUICPayの電子マネー決済、レシートプリンター、POSレジ機能に対応したオールインワンの決済端末だ。加盟店は、オンラインサイトの「Squareショップ」で4万6,980円(税込)で購入可能だ。

商品が梱包されているパッケージ

レシートや領収書の出力にも対応

ドロガスカー氏は「シンプルで直感的な操作が可能な端末」と特徴を述べる。国際ブランドの支払いは、EMVの接触および非接触、磁気の読み取りに対応。また、電子マネーに関しては、シンクライアント型決済を採用している。さらに、顧客が現金で支払った場合にもその支払いを記録できる。バッテリーは一日持たせることが可能で、店舗での決済に加え、持ち運んで出先での支払いにも対応している。

ゲストで登場した大山崎Coffee Roasters(京都)では、店舗に加え、マルシェやイベントなどの出張販売でもスクエアを活用している。最新ターミナルも導入したが、「すべての機能が1つにまとまっている」「ビジュアルとしてのデザイン面が優れている」と評価した。

Suica決済(左)とPIN入力画面(右)。暗証番号はソフトPINに対応している。持ち運んでのテーブル決済、出先での支払いにも対応

端末にはレシートプリンタを装備可能で、レシートや領収書の出力にも対応している。カジュアルフレンチを展開する「plate tokyo」(東京)では、2013年からスクエアでカード決済を行っているが、新端末ではボタン1つで領収書の出力に対応しているため、より便利に利用できるようになったそうだ。

メールアドレス、レシート、SMS、印刷、領収書、レシートなしのボタンを設置。レシートプリンタは、専用のレシートプリンターロール紙(サイズ、幅:57mm、長さ:15.2m、外径:36mm)。オンラインショップで販売(20巻、2,280円)

決済手数料は固定、大規模店舗での利用も見込む

スクエアターミナルは、端末を申し込み、審査が完了すればすぐに決済を受け付けることが可能だ。初期費用や月額使用料などもない。決済手数料はVisa、Mastercard、American Express、 Discover、Diners、および交通系電子マネー(PiTaPaを除く)が3.25%、JCBが3.95%となる。なお、JCBには、別途審査を出す必要はないが、審査結果に関しては、他ブランドのタイミングとは別となり、決済の開始が遅れる可能性があるとのこと。

QUICPayでの支払いのイメージ。Suica等の交通系電子マネー、iD、QUICPayは電子マネーから選択して支払いが可能

QUICPay、iDでの決済、手入力決済、ブラウザ決済(Visa、Mastercard、American Expressのみ)の場合は決済手数料3.75%となる。また、売り上げが最短翌営業日に振り込まれるため、小規模店舗のメリットは大きいとした。同社では、小規模店舗はもちろん、中堅や大手の流通企業にも導入してもらいたいと考えている。

Terminal APIでPOSとシームレスに連携
ビジコムの連携メリットは?BCPOSはQR決済も含めて提供可能

ビジコムは「リテールテックJAPAN2021」でBCPOSとの連携を参考出展

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。
詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

指紋認証付クレジットカードやログイン時の本人確認など生体認証技術を使用するコンポーネントの機能、パフォーマンス、セキュリティー試験をお引き受けします。(FIME JAPAN)
モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
「法人カード調査部」法人カードのおすすめはこれだ!年会費無料・ポイント還元率・マイルなどタイプ別で厳選紹介(LITE)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

設立25年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP