巨人が顔認証決済、モバイルオーダー、入場など東京ドームでDX推進、2022年から完全キャッシュレスへ

2021年3月22日7:50

読売新聞、読売巨人軍、東京ドームの3社は、「ジャイアンツ×東京ドームDXプロジェクト」を2021年3月からスタートしている。プロジェクトでは、顔認証を使った入場管理や決済の試行、モバイルオーダーの導入などを行う。2021年シーズンからはQRコード決済にも対応しており、2022年シーズンからは完全キャッシュレスを予定する。

世界一清潔、安全、快適なスタジアムに

記者説明会では、まず読売巨人軍 代表取締役社長 今村司氏がDXプロジェクトについて説明した。巨人軍では、2020年7月に東京ドームを世界一清潔、安全、快適なスタジアムにすると宣言。それを具現化する意味で、DXプロジェクトを開始した。今村氏は、コロナ前までの「熱狂声援型」の楽しみ方が、コロナ後は「快適体感型」に変わっているとした。DXプロジェクトでは、「電子チケット」「自動入場ゲート」「キャッシュレス決済」「モバイルオーダー」「顔認証」「女子トイレ」等で快適に楽しんでもらうプロジェクトを開始した。コロナ後は、球場に快適に入場し、気持ちよく試合の時間を過ごしてもらい、熱狂的に見てもらえるようにしていく方針だ。

読売巨人軍 代表取締役社長 今村司氏

マスクをしたままでも顔認証可能に

具体的な取り組みとして、NISTの評価で、世界最高水準の評価を受けるパナソニックの技術を活用し、なりすましや偽造が困難な「顔認証技術」を入場管理、物販購入で試行運用する。パナソニックの画像認識技術は60年以上にわたる歴史がある。ディープランニングを応用し、メガネ・マスクなどにも影響されず、快適に利用できるのが特徴だ。「現在、1日に10万回以上の顔認証の照合で使われています」(パナソニック システムソリューションズ ジャパン サービスインテグレーション本部 IoTサービス部 サービス開発課長 津村賢一氏) 。顔認証は、空港での入場、オフィスの入退場で利用されており、決済に関しても自社内で実験的に運用が行われている。

東京ドームでの顔認証の入場は、3月から、関係者入口と一般ゲートで、読売新聞・読売巨人軍・東京ドーム関係者およびスタッフ約200人を対象に実施。スムーズな入場による待ち時間の減少、接触機会低減による安全な認証、チケット紛失やなりすましなどのリスク低減が可能かについて検証する。具体的には、管理者が利用者の顔写真や氏名を登録。事前登録者の顔情報で照合を行い、認証された場合のみ入場が可能だ。

顔認証による入場。顔の向きや経年変化にも対応

顔認証決済は4月下旬から来場者も利用可能に

また、4月下旬をめどに一般の来場者を含め、東京ドーム内の店舗「Dome Shop 104」および「G-STORE」に設置された端末で、顔認証での決済を実施。現金やカードに触れることがなくなるため感染リスク低減につなげ、手ぶら決済による顧客体験の向上、待ち時間の削減を図ることにつなげる。利用者は、専用のWebページより必要事項を登録し、顔写真を撮影・登録する。店舗では、商品を選び、タブレットで購入金額を確認して顔照合を行い、PIN入力による二要素認証を行うと支払いが可能だ。

顔認証決済の様子。タブレットの枠内の位置まで近づいて認証する

東京ドームでは、スタジアム混雑緩和と利便性向上のため、女子トイレを1.7倍に増やした。また、手洗い器も146個に増設した。トイレの入場と退場を分けることで混雑緩和につなげている。女子トイレには、子供の小便器を設置し、開幕に向けておむつの交換機も備える予定だ。

東京ドームの女子トイレ

モバイルーダーで事前注文・決済を実現
電子入場ゲートは可搬式でWi-Fi等で通信
JCBの協力を得てキャッシュレス推進

スタジアムはもちろん、自宅からも注文・決済が可能に

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。
「Paymentnavi Pro2021」の詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
「法人カード調査部」法人カードのおすすめはこれだ!年会費無料・ポイント還元率・マイルなどタイプ別で厳選紹介(LITE)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP