三重県の商業施設「VISON」、地域通貨や顔認証決済にも取り組み6町連携のスーパーシティ目指す

2021年4月30日9:17

三重県多気町に国内最大級の商業リゾート施設「VISON」が2021年4月29日にオープンした。VISONでは、顔認証決済や地域通貨にも取り組む予定で、周辺地域も含めたデジタル地域経済圏構築を目指すという。

※VISONは三重県緊急事態宣言にしたがい、2021年5月11日までは周辺地域の住人を中心に営業している。

左からアクアイグニス 代表取締役 立花哲也氏、三重県多気町長 久保行央氏、「スウィーツ ヴィレッジ」担当の辻口博啓氏、「マルシェ ヴィソン」担当の手島竜司氏、猿田彦珈琲 代表取締役 大塚朝之氏、大日本印刷 モビリティ事業部 事業企画室 室長 椎名隆之氏

地域を元気にする施設へ
民間施設直結スマートインターチェンジも開通

VISONは、アクアイグニス、イオンタウン、ファーストブラザーズ、ロート製薬の4社が合同会社「三重故郷創生プロジェクト」を設立し、東京ドーム24個分(約119ha)の敷地を生かしてオープンした大型商業施設となる。第一期となる29日には産直市場、スイーツエリアなど18店舗がオープン。第2期第の6月5日には温浴施設・木育エリア、第3期の7月20日には宿泊施設・食のエリア・農園エリアなど全施設(68店舗)がオープンする予定だ。

4月27日には報道陣向けのプレス内覧会と説明会を実施。VISONは、2013年から事業計画がスタート。アクアイグニス 代表取締役 立花哲也氏によると、7年前に三重県多気町長 久保行央氏から、同町で「地域を元気にする施設ができないか」という話を受けて事業をスタートした。VISONは「地域とともに」をコンセプトに、施設は地域の木材を使用している。日本発で、世界に通用する施設を目指しており、多くの企業やメーカー、多気町・大台町・明和町・度会町・大紀町・紀北町の6町の生産者や漁師が協力して、地域を盛り上げていきたいとした。

地域の木材を使用した大規模木造建築を実現

三重県多気町長 久保行央氏も「自然と食を提供する施設ができています」と話す。また、VISONは全国で初めて、「民間施設直結スマートインターチェンジ」が認可されたため、伊勢方面から訪れる利用者は高速道路から降りると施設に直結することが可能だ。

西の食材の拠点となる街づくりを目指す
フードロスにも取り組む

「スウィーツ ヴィレッジ」を担当した辻口博啓氏は「VISONから始まる食の文化を後世に広げていきたい」と意気込む、また、「マルシェ ヴィソン」を担った手島竜司氏は三重県は松阪牛や伊勢エビなど、メジャー級の食材があるとしたうえで、東に築地があるように、西は「VISON」が拠点となるように取り組んでいきたいとした。さらに、SDGsも含めて、フードロスにも取り組む方針だ。

マルシェは車の乗り入れも可能。現金決済に加え、キャッシュレス対応店舗もある

第一期でオープンした「猿田彦珈琲」の代表取締役 大塚朝之氏は、同社のブランド名は『みちひらき』の神様・三重県伊勢市の猿田彦大神から拝受していることから、三重県での店舗展開ができないかと以前から考えていたそうだ。今回のVISONの店舗は、同社最大規模を誇る大型店舗となった。

「猿田彦珈琲」は国産のヒノキを使った建築。客席から周囲の森を眺めることができる

地域の課題を解決し、地方創生
さまざまな業種を横断する27企業がコラボ

VISONは、内閣府が進めている国家戦略特区施策「スーパーシティ特区」の候補地に立候補している。スーパーシティ特区でアーキテクチャーを務める大日本印刷 モビリティ事業部 事業企画室 室長 椎名隆之氏は、6町が連携し、さまざまな業種を横断する27企業によるコラボレーションにより、地域の課題を解決し、地方創生を進めていきたいとした。

VISON店舗では国際ブランド決済、電子マネーの利用が可能。7月以降はコード決済にも対応予定

6町では、スーパーシティ構想において、VISONを拠点とした広域エリアで、複数分野の最先端技術を組み合わせて、地域の社会課題を解決する取り組みを進めていく。

同コンセプトの「ブラウン・フィールド」は、6町連携の基礎自治体広域横断型モデルとなり、少子化/高齢化/人口減少、地域医療の減少/医療費の増加、林業等地域産業の衰退、公共交通廃線による交通空白地増加といった地域課題の解決に取り組む。一方の「グリーン・フィールド」では、先端技術を活用した地方創生、複数のサービス横断型のデータ連携モデル構築、大胆な規制改革を活用した早期社会実装を進める。椎名氏は「グリーン・フィールドで顔認証や自動運転、地域の課題を解決するテクノロジーを使ってスーパーシティを推進していきたいです」と意気込む。

7月オープン予定のホテル。同ホテルにはオンライン診療のクリニックが開設予定

施設内の地域通貨から行政や地域での活用へつなげる
地域通貨はフィノバレーがシステム提供、顔認証決済も構築準備

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。
「Paymentnavi Pro2021」の詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
「法人カード調査部」法人カードのおすすめはこれだ!年会費無料・ポイント還元率・マイルなどタイプ別で厳選紹介(LITE)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP