大規模商業リゾート施設「VISON」、キャッシュレス・地域通貨にも取り組む

2021年3月30日19:50

「三重故郷創生プロジェクト」(アクアイグニス、イオンタウン、ファーストブラザーズ、ロート製薬の4社からなる合同会社)による「VISON(ヴィソン)」は、2021年4月29日の第一期オープンから7月20日のグランドオープンまで3段階に分け開業すると発表した。「VISON」は、日本最大級の商業リゾート施設であるという。

日本最大級の商業リゾート施設 VISON [ヴィソン]

林業を継続した産業として支え、食品ロスの削減に取り組むなどSDGsへの多様な取り組みだけではなく、周辺地域の自治体と連携して進めるスーパーシティ特区の構想の実現を目指し、最先端のテクノロジーが総合的に体験できるそうだ。このほど、新業態、また日本初上陸、及び東海地方初出店の店舗含む全68店舗の出店、順次オープンが決定した。

VISONは、多気町、大台町、明和町、度会町、大紀町、紀北町と連携し、地域課題を解決するためのスーパーシティ特区構想がある。VISON をスーパーシティのグリーンフィールドとし、施設内での自動運転、モビリティ、自律式ドローンの活用、遠隔医療クリニック、キャッシュレス・地域通貨に取り組み、これらの先端的サービスを1つの ID で管理する「One-ID」データ連携基盤を構築するそうだ。その実践によるノウハウを連携する6市町に展開することで地域住民の利便性の向上、地域活性化を図り、新たな未来社会の先行実現を目指す。

SDGsの取り組みおよび地方創生に力を入れているVISONが目指す未来を実現させるために、VISON に関わる企業や、来場した顧客も参加できる「サーキュラーコミュニティー」を形成し、VISON内での体感・体験を通じてSDGs活動に貢献してもらえるさまざまな施策を通じて、コミュニティーの一員となってもらう。また、出店各テナントと協力することで、地産地消などの経済効果を目指す。

この記事の著者

paymentnavilogo1

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

関連記事

ペイメントニュース最新情報

電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP