グローバル調査「2021年ペイパル海外通販レポート」発表(ペイパル)

2021年6月29日20:31

ペイパル(PayPal Pte. Ltd.)は、世界の13の市場(日本、中国、香港、シンガポール、インド、オーストラリア、米国、英国、フランス、ドイツ、ロシア、メキシコ、ブラジル)で実施したグローバル調査「2021年ペイパル海外通販レポート」(PayPal 2021 Borderless Commerce Report)を発表した。

世界中で新たにオンラインショッピングの利用を始めた消費者が増加し、2020年のEコマースの売上は約28%も上昇した。米国では、10年分の成長予測がわずか90日間で実現、 メキシコを筆頭に、新型コロナウイルス感染症の拡大前はEコマースの普及率が低かった国でもオンラインショッピングへの移行が大幅に進んだ。外出ができない状況においてオンラインショッピングの利用が増え、購入金額も増加している。また、今回調査した 13の市場すべてにおいて「今後もオンラインショッピングを利用したい」と回答した人は「利用を控えたい」と回答した人の2倍以上になった。

2021年ペイパル海外通販レポート(ペイパル)

オンラインショッピングの利用が急増するとともに、消費者は、BNPL(Buy Now, Pay Later = 後払い)やデジタルウォレットなど、より多様なデジタル決済を使いたいと考えていることが分かった。

また、2020年は暗号通貨(仮想通貨)も注目を集めた。ビットコインの所有率は国によって大きく異なる。発展途上国ではその割合が非常に高くなっており、例えば、イギリスでは暗号資産の推定保有率は5%だが、ナイジェリアでは30%を超えている。

新しい決済手段としてデジタル決済の利用が進む一方で、特に日本やメキシコなどの現金重視の市場では、データのプライバシーやオンライン詐欺に対する警戒心が高まっていることがわかった。海外通販を利用する人は、決済方法を選択する時の一番の決め手は「セキュリティ」であると考えており、次いで「決済スピードの速さ」、「利用可能な決済方法」と続いている。

今回の調査対象となった13の市場全体の22%が、新型コロナウイルスの感染拡大後に、 より安心して海外通販が利用できるようになったと回答。また、56%がコロナ禍におけるオンラインショッピングの利用が増加したと回答している。

オンラインショッピング利用者は、 依然としてクレジットカードを好んで使用し、次いでペイパル、 デビットカードを利用している。海外通販に関しては、13の市場の大半でペイパルが好んで選択された。また、いずれの決済方法であっても「どこからでも安全に買い物ができること」(31%)、 「買い手保護制度があること」(29%)が求められている。

13の市場すべてにおいて、オンラインショッピングで利用する端末のトップはスマートフォン(43%)であり、次いでノートパソコン(26%)となった。 特に発展途上の市場ではオンラインショッピング利用者の半数以上がスマートフォンを好んで使用しており、中国では84%にも上る。また、2021年には、世界のオンラインショッピングの67%がスマートフォンで購入されると予測されている。

デジタルウォレットでは、 これまで普及が進んでいなかった市場において顕著に利用が促進。日本では、オンラインショッピングの利用者は、従来はクレジットカード、次いで現金(銀行振込)を利用していたが、日本におけるデジタルウォレットの普及率は2019年から2023年の間に倍増すると予測されている。

オンラインショッピング利用者の85%が、 今後のオンラインショッピングにおける購入金額は「現状維持」または「増加する予定」と回答。また、利用者の26%が、2021年および2022年中に「海外のサイトでオンラインショッピングを始める、 またはもっと利用したい」と回答している。なお、「希望する支払方法が利用できない場合は購入を断念する可能性が高い」と回答した利用者は40%に上る。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
「法人カード調査部」法人カードのおすすめはこれだ!年会費無料・ポイント還元率・マイルなどタイプ別で厳選紹介(LITE)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP