大手携帯キャリア2社、フードデリバリーを傘下に自社経済圏の拡大目指す【EC Now】

2021年7月14日8:00

大手の携帯キャリアが、フードデリバリーとの連携を強める動きが目立つ。昨年、ソフトバンクグループが実質的に出前館を傘下に収めたのに続き、今年6月にはKDDIがmenuとの資本業務提携を発表した。日常化するステイホームで伸びが続く飲食宅配を通じ、自社が展開するスマホ決済サービスの浸透を狙う。通信、EC、決済、ポイントなどの保有リソースを連動させることで相乗効果を生み出し、経済圏の拡大につなげる。

記事のポイント!
①ベンチャーのmenuに出資したKDDI
②ソフトバンクグループもフードデリバリーとの連携強化
③ドアダッシュが日本に進出
④今後はよりシビアな戦略が必要に
⑤ドコモは「dデリバリー」事業から突然撤退
⑥フードデリバリーがキャッシュレスの牽引役に?

■KDDIがベンチャー企業のmenuに出資

KDDIはmenuに約50億円を出資して株式の20%を取得し、持分法適用関連会社とした。ベンチャー企業のmenuは、昨年4月からアプリ「menu」を通じたフードデリバリー事業を展開。開始後1年間で47都道府県にサービスを広げ、加盟飲食店数は約6万店舗(申し込み数も含む)となる。

急速に成長を遂げたmenuだが、決済方法はクレジットカードだけであり、他のフードデリバリーに比べると使い勝手が悪かった。KDDI傘下となったことで、7月中旬からはKDDIのスマホ決済サービス「au PAY」が利用できるようになるのに加え、「au PAY」のミニアプリとして「menu」が追加される。月額制で映像・音楽・書籍などを無料視聴できる「auスマートパスプレミアム」サービスとも連携し、「menu」の利用率拡大につなげる。

本業の携帯電話事業が伸び悩む中、KDDIは「au PAY」会員を通じた決済事業を軸にau経済圏を広げてきた。今後は需要増が見込めるフードデリバリーなど、消費行動の入り口となるリアル接点を強化するという。

「menu」では、「au PAY」の利用でPontaポイントの還元率がアップするキャンペーンなども実施。KDDIは昨年からポイントサービスをPontaポイントに統一し、オープン化戦略に踏み切っている。

両社経済圏の連携により新たな価値創出を狙う(出典:KDDIニュースリリース)

■グループで大手飲食宅配2社を抱えるソフトバンク

ソフトバンクグループ(SBG)も、フードデリバリーとの結び付きを強めている。まず、ウーバーイーツを手がけるウーバージャパンが属する米国のウーバーテクノロジーズには、2018年からSBGが出資している。

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。
「Paymentnavi Pro2021」の詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
「法人カード調査部」法人カードのおすすめはこれだ!年会費無料・ポイント還元率・マイルなどタイプ別で厳選紹介(LITE)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP