【緊急特集】世界のBNPLの特徴、メリット・デメリット、プレイヤー徹底解説(1)

2021年10月15日8:00

世界中で“BNPL”(Buy Now, Pay Later:後払い)が盛り上がりを見せている。そこで、今月は緊急特集として、グローバルペイメント動向をウォッチしている和田文明氏に、その歴史や動向などについて2回に分けて紹介してもらう。

和田文明

記事のポイント!
①成長するBNPLは2024年はさらに成長
②加盟店は、販売金額(決済金額)の2%~8%の手数料を負担?
③BNPLとクレジットカードの比較
④BNPLのメリットとデメリットは?
⑤プロバイダーは多重債務とのリスクと隣り合わせ
⑥イギリス・FCAのBNPLリスク軽減策
⑦オーストラリアのASICのBNPLリスク軽減策

欧米を中心に、オン・オフの商品やサービスなどの購入に際し、後払いのペイメントオプションが提供され、これを利用するユーザーがミレニアム(Y)世代やZ世代と呼ばれる生まれた時からITプロダクツに囲まれて育った若者を中心に、急速に増えている。この後払いのペイメントオプションは、“BNPL”(Buy Now, Pay Later)と呼ばれ、「今買って、後で支払う」という“後払い方式の決済”サービスである。

一般に、“BNPL”(Buy Now, Pay Later)は、商品購入に際し、数週間から数か月の比較的に短い期間分割で後払いが可能なペイメントサービスで、当初分割払いが可能なE-コマース上オンライン決済としてヨーロッパやオセアニア(オーストラリアやニュージーランド)で普及・拡大していった。“BNPL”(Buy Now, Pay Later)は、アカウントの作成がクレジットカードのような厳格な審査は行われず、スマートフォンのアプリで簡単かつ迅速に行わる。

“BNPL”(Buy Now, Pay Later)サービスの取引(決済)は、2025年には世界中で6,800億ドル(約78.4兆円)に達するものと予想され、現在最も急速に成長しているデジタル決済となっている。また、過ってアメリカでは、“BNPL”(Buy Now, Pay Later)は、販売時点での金融サービスの提供を意味する“POS(Point of Sale) Financing”とか“POS(Point of Sale) Loan”と呼ばれていた。

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。
「Paymentnavi Pro2021」の詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
「法人カード調査部」法人カードのおすすめはこれだ!年会費無料・ポイント還元率・マイルなどタイプ別で厳選紹介(LITE)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP