【緊急特集】世界のBNPLの特徴、メリット・デメリット、プレイヤー徹底解説(2)

2021年10月20日8:30

前回の「その(1)」に引き続き、和田文明氏に世界の“BNPL”(Buy Now, Pay Later)動向について紹介してもらう。今回は世界のプロバイダー動向について紹介してもらった。

和田文明

記事のポイント!
①BNPLプロバイダーの3つのカテゴリー
②American ExpressのBNPLの後払いのペイメントオプション“Plan It”
③ChaseのBNPLの後払いのペイメントオプション
④アメリカのBNPLマーケットは?
⑤アメリカンのBNPLサービスプロバイダーの比較
⑥BNPLサービスプロバイダーであるKlarna
⑦Amazonとも提携するAffirm
⑧Square買収のAfterpayは“Clear Pay”としてさまざまな国でBNPL事業を展開
⑨オーストラリアベースのプロバイダー大手Zip
⑩柔軟なBNPLプランを提供するOpen Pay 

“BNPL”(Buy Now, Pay Later)プロバイダーには、(図表1)のように、「ダイレクトプロバイダー」の他、「ファシリテーター」や「レトロアクティブプロバイダー」といった三つのカテゴリがある。

(図表1)“BNPL”(Buy Now, Pay Later)関連事業者のカテゴリとそれぞれの主な企業

ダイレクトプロバイダー

Afterpay (オーストラリア)、Zip Pay (オーストラリア)、Open Pay (オーストラリア)、Clarna(スウェーデン)、Affirm (アメリカ)、Sezzle (アメリカ)、Pay Pal(アメリカ)

ファシリテーター

VISA、Mastercard、Shopify(カナダ)、Stripe(アメリカ)

レトロアクティブプロバイダー

American Expressの“PlanIt”、Chase の“My Chase Plan”

各種資料より作成

〇ダイレクトBNPLプロバイダー
ダイレクトBNPLプロバイダーは、マーチャント(加盟店)のWebサイトやPOS(Point-Of-Sale)で“BNPL”(Buy Now, Pay Later)の後払いのペイメントオプションを提供し、財務リスクはこれらのサービスプロバイダーが負う。主なダイレクトBNPLプロバイダーには、スウェーデンのKlarnaの他、オーストラリアのAfterpayなどがいる。アメリカベースの代替オンラインペイメントソリューションのPay Palは、30ドル(約3,300円)から1,500ドル(約16万5,000円)の購入の支払いを4回の支払いに分割できることができる「PayPal Pay in 4」という独自の“BNPL”(Buy Now, Pay Later)の後払いのペイメントオプションをPay Palの顧客やマーチャント(加盟店)に提供している。

〇ファシリテーター
ファシリテーターは、ダイレクトBNPLサービスプロバイダーと提携し、マーチャント(加盟店)に対し、マーチャント(加盟店)が消費者に“BNPL”(Buy Now, Pay Later)の後払いのペイメントオプションを直接提供できるようにする。ファシリテーターには、カナダベースのE-コマースのプラットフォームであるShopify(本社:カナダ、オタワ、創業:2006年)やアメリカとアイルランドのベースのモバイルPOSペイメントのStripe(本社:アメリカ、サンフランシスコ、アイルランド、ダブリン、創業:2009年)がいる。また、クレッジットカードやデビットカードのネットワークであるVISA USAは、2020年7月より、“BNPL”(Buy Now, Pay Later)のパイロット版として後払い(分割払い)のペイメントオプションの提供を始めている。また、同じくクレッジットカードやデビットカードのネットワークであるMastercardもカードプロセッシングサービス大手のTSYSとタイアップし、“BNPL”(Buy Now, Pay Later)の展開を図っている。

〇レトロアクティブ(遡及)BNPLサービスプロバイダー
レトロアクティブ(遡及)BNPLサービスプロバイダーの“BNPL”(Buy Now, Pay Later)は、消費者が購入に際し、クレジットカードを使用し、クレジットカードでの支払い時に柔軟な支払いオプションとして“BNPL”(Buy Now, Pay Later)の後払いのペイメントオプションを利用することができる方法を開発した。こうしたクレジットカードに付帯するペイメントオプションは、“BNPL”(Buy Now, Pay Later)の“代替”(Alternative)ともいわれている。

レトロアクティブプロバイダーであるT/EカードのAmerican Expressの“PlanIt”、“Plan It”や大手クレジットカード発行銀行であるChase の“My Chase Plan”などのネーミングで、このタイプの“BNPL”(Buy Now, Pay Later)の後払いのペイメントオプションを自社のカード会員に提供している。

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。
「Paymentnavi Pro2021」の詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
「法人カード調査部」法人カードのおすすめはこれだ!年会費無料・ポイント還元率・マイルなどタイプ別で厳選紹介(LITE)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP