バーチャル渋谷 ハロウィーンフェスでリアルとバーチャルの融合加速、投げ銭も実施

2021年10月15日8:30

KDDIは、渋谷区公認の配信プラットフォーム「バーチャル渋谷」において、「バーチャル渋谷 au 5G ハロウィーンフェス 2021 ~ FUN FOR GOOD ~」を2021年10月16日~10月31日まで開催する。

発表イベントにおいて、KDDI 事業創造本部 ビジネスインキュベーション推進部 部長 中馬和彦氏、公式サポーターの世良マリカさんとダチョウ倶楽部さん、渋谷区長 長谷部健氏

個々人のアバター作成

「ハロウィーンフェス2021」では、3つの進化点として、「リアルとバーチャルの融合」「ライブ体験をアップデート」「渋谷の街への貢献」に力を入れるという。

今年は、パートナー企業とリアルとバーチャルの融合を加速する。参加者は、スマートフォンアプリ、または「au Style SHIBUYA MODI」や「GINZA 456 Created by KDDI」などの商業施設に設置された完全自動アバター生成システム「AVATARIUM(アバタリウム)」を使って自分だけのオリジナルアバターを作成できる。「個人そのものでバーチャル渋谷に入っていただく」(KDDI 事業創造本部 ビジネスインキュベーション推進部 部長 中馬和彦氏)。利用者は、プリクラ機のようなAVATARIUMで撮影した、個々人のアバターによりオリジナルのハロウィンを楽しむことができるそうだ。バーチャルハロウィーン限定で「ソードアート・オンライン」や「名探偵コナン」といったキャラクターや、ハロウィーンならではの仮装をしたアバターを作り、「バーチャル渋谷」の中を自由に散策可能できる。AVATARIUMは、渋谷モディ、渋谷フクラスや渋谷区役所にも置いてあるそうだ。

「バーチャル渋谷」とリアルのカラオケルームがつながる

リアルとネットとの融合では、渋谷の「JOYSOUND(ジョイサウンド)」の協力を得て、「バーチャル渋谷」とカラオケルームがつながる仕掛けを用意。参加者がルームの中から歌うとダイブインができ、リアルタイムに「バーチャル渋谷」の中に反映される。今後、カラオケにバーチャルから参加して、リアルな人と一緒に楽しめることを進めていきたいとした。

さらに、来場者に対し操作方法やイベント情報の案内などを行うイベントスタッフアバターが参加する取り組みも開始する。

ライブでは、バーチャルならではの体験を提供するという。バーチャルハロウィーン期間中は「バーチャル渋谷」内のスクランブル交差点に存在する特設ステージや地下のライブスタジオにてさまざまなコラボイベントが開催される。さらに、アトラクションも登場。中馬氏は「バーチャル固有の演出を楽しんでいただく、今までにない体験を提供できる」とした。

グッズ売上、投げ銭を渋谷区に寄付

このコンテンツは会員限定となっております。すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。
会員登録(無料)をご希望の方は無料会員登録ページからご登録をお願いします。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP