生体認証について(標準やデバイス試験の概要)【FIME JAPANの技術解説】

2022年1月12日8:30

新型コロナ禍において、非接触や非対面での取引が脚光を浴びている。これらの取引においてその取引を実行している人が本当に正しい人であるかを見極めることは非常に肝要である。

現時点において本人認証を高確度で行える手法の一つとして生体認証が挙げられる。今回はこの生体認証に関して執筆する。

記事のポイント!
①「強力な顧客認証」が要求され始める
②将来は将来的には現在のCVMに生体認証が追加の日も
③現時点での生体認証の標準は?
④MastercardはBSOCとCSIに基づく必要が
⑤スタンダードにおける試験内容は?
⑥生体認証デバイス試験は2つで構成
⑦パフォーマンス試験のメトリック
⑧PAD試験の概要

生体認証と決済

欧州を中心に金融の規制緩和が進んでいる。その中で「強力な顧客認証」(Strong Customer Authentication (SCA) Payments)が要求され始めている。銀行は今後、その基準を満たしていない支払いを拒否できる。SCAを実現する手段の一つとして生体認証が注目を浴びている。昨今、指紋センサー付きのクレジットカードが出始め、銀行のATMでは暗証番号に代えて、指紋や静脈で本人確認を行う機種も散見する。

例えば、従来クレジットカードの本人認証は署名またはPIN入力のいずれかであったが、PINも4桁しかなくいずれも強力な本人認証方法とは言えなかった。生体認証を使用することで本人認証の精度が飛躍的に向上し、非接触カードでの取引であっても利用限度額が従来1万円程度から引き上げられることが期待できる。

また、現時点、決済ターミナル側に生体認証機能が搭載されているものは見受けられないが、将来的には現在のCVM(Customer Verification Method)に生体認証が追加される日が来ると思われる。(ターミナル側に生体認証機能を持たせる場合、テンプレートをどこに置き、どのようにそれと照合するかという問題を解決する必要あり)

さらにフィンテック上でのサービスに於いて、送金や振込などで本人認証が必要となった場合、生体認証機能付きスマートフォンやUSBキーなどが活用できる。

生体認証の標準

生体認証は多くのシーンで展開されているが、現時点ではそれを取り扱う標準や規則はそれほど多くない。生体認証ソリューションを具体的に示す多くの独立した標準及びスキームは、標準のギャップを埋める上で重要な進歩を遂げ始めている。これらは、FIDO Alliance、様々なISOワーキンググループ、NISTなどの業界組織、個々の企業、特にAndroid(Google)、Mastercard、Microsoft(Windows Hello)、及びVisaに由来する。

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。
「Paymentnavi Pro2021」の詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

スマホ会員証でポイントサービス。今イチオシの「VALUE GATE」(トリニティ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP