飲食業の労働力不足解決に向け配膳・運搬ロボットの新製品、AI顔認証や非接触注文との連携も視野に(アイリスオーヤマ/ソフトバンクロボティクス)

2022年2月14日9:00

アイリスオーヤマとソフトバンクロボティクスグループは、2022年2月2日、ロボット市場における中長期的な需要創造と社会課題解決を目指して、「業務提携合意書」を締結した。両社では、最大4段の大容量トレーで配膳・運搬が可能なKeenon Roboticの配膳・運搬ロボット「Keenbot アイリスエディション」を販売開始した。「Keenbot アイリスエディション」は、大容量の配膳・下膳に対応し、フレキシブルなスピード変更が可能で、操作性の高さも強みとなるそうだ。

左からソフトバンクロボティクス 代表取締役社長 兼 CEO 富澤 文秀氏とアイリスオーヤマ 代表取締役社長 大山晃弘氏

「SDGs」と「業務DX」を実現へ

両社では、ロボット市場における中長期的な需要創造と社会課題解決を目指して、「業務提携合意書」を締結した。また、アイリスオーヤマはソフトバンクロボティクスグループが実施する総額100億円の「第三者割当増資」の引き受けを決定した。当日は、両社による調印式を実施した。

両社では、2021年2月に合弁会社「アイリスロボティクス」を設立。同社では、業務のロボット化に関するトータル・ソリューションを提供しており、連携を深めている。アイリスオーヤマ 代表取締役社長 大山晃弘氏は、「SDGs」と「業務DX」を実現させたいとした。今後は、AIやIoTセンサーを組み合わせ、より安心・安全な職場環境を目指すとともに、飲食店の業務の効率化など、より効率的なソリューションを展開していきたいとした。

ソフトバンクロボティクス 代表取締役社長 兼 CEO 富澤 文秀氏によると、同社はスマートロボットのトップ集団として名前がワールドワイドで浸透してきたという。日本は2030年には600万人の労働人口が減少するといわれているが、顧客接点やソリューション開発能力があるアイリスオーヤマと連携することで、長所・短所を補えるパートナーになれるとした。

飲食・サービス業界の人手不足の課題解決へ

新製品については、アイリスオーヤマ 執行役員 BtoB事業グループ メーカー本部 本部長 兼 ロボティクス事業部 事業部長 本所 翔平氏が紹介した。アイリスオーヤマによると、2030年の労働人口は7,000万人で、実際の供給は640万人が不足するため、非常に大きな社会課題になる。逆に言うと、企業にとっては労働人口の不足を見越して経営のシフトチェンジをする必要があり、ロボットで日本の社会課題を解決したいという想いで事業を進めているそうだ。特に飲食・サービス業界は、2030年に400万人が不足すると言われている。本所氏は「我々はサービスロボットを通じて飲食・サービス業界の人手不足を解決することを重要な課題としてとらえています」と話す。

商品について説明するアイリスオーヤマ 執行役員 BtoB事業グループ メーカー本部 本部長 兼 ロボティクス事業部 事業部長 本所 翔平氏

 

飲食・サービス業の従事者は、2019年8月時点の549万人から、2021年8月は488万人と、実に61万人が減少した。人件費の高騰によるコスト増に加え、コロナ禍で顧客と接触することを怖がられて採用も難しくなっているとした。第5派のピーク後はリベンジ消費で客足は戻っているが、働き手が減少しているため、店舗のスタッフの業務負担が増えている。飲食業は、配膳、下膳、接客が主だったが、コロナで感染症に目を配りながら業務にあたる必要がある。

同社では、2018年にはAI清掃ロボット「Whiz」を販売。これまで2,500社に導入され、世界シェア№1となっている。また、配膳・運搬ロボット「Serviアイリスエディション」でロボットと人との共存を進めており、300ブランドの飲食店に採用されている。

AI顔認証でレコメンド、非接触注文と連携も視野に

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。
「Paymentnavi Pro2021」の詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

スマホ会員証でポイントサービス。今イチオシの「VALUE GATE」(トリニティ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP