AI活用のリスクを削減するソリューションでインテリジェント ウェイブと協業へ(Robust Intelligence Inc.)

2022年2月25日18:37

米国のRobust Intelligence Inc.は、 自社で開発するAIの脆弱性を診断するエンジン「RIME」において、インテリジェント ウェイブ(IWI)と販売面での協業をし、国内での展開を促進していくという。

昨今、さまざまな業界にてAIの活用が進んでいる。労働力不足の解消やサービスの生産性および品質の向上のため、AIは今後も多くの場面で利用されていくと考えられる。しかし、AIは問題のある意思決定を行う危険性(AIリスク)を孕んでいる。米国ではクレジットカードの入会審査などの場で、AIによる性差別的な判断が行われたとして、公的機関が介入する大きな問題になった。コロナ禍のデータ変化にモデルが対応できず、AIによる利便性の向上を見込んでいたはずが、結果として多額の損失を生み出してしまう企業も続出しているそうだ。

Robust Intelligenceが提供するAIの脆弱性診断エンジン「RIME」は、そのようなAI活用におけるリスクを削減するソリューションだという。

RIMEは蓄積されたビッグデータから、既存運用中の機械学習モデルやルールの弱点を発見する製品となる。「AI Stress Testing」は、稼働前のAIモデルに何百ものテストを実行して脆弱性を見つけ出すソリューションだ。同ソリューションによりデータサイエンスのチームがモデルの問題点を即座に発見することができる。また、組織全体のAIの品質管理コストを大幅に削減し、モデル開発や改善にリソースを充てることができるようになる。

「AI Firewall」は、運用中のAIモデルを監視・保護するソリューションとなる。重大なエラーを引き起こす可能性のある運用時の入力データを自動的に検知および遮断する。同ソリューションによって本番環境で生成されるAIによる予測の信頼性および品質を維持することが可能だという。

この記事の著者

paymentnavilogo1

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

決済業務の完全自動化を実現する「Appian」とクレジット基幹プラットフォームを合わせてご紹介!(エクサ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)
現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP