「Oracle Business Intelligence 11g」による新BI システムを構築(ポケットカード)

2012年3月6日20:04

ポケットカードと日本オラクルは、ポケットカードがオラクルのビジネス・インテリジェンス(BI)製品「Oracle Business Intelligence 11g」による新BI システムを構築し、稼働開始したと発表した。

ポケットカードは、会員数は全国で約500 万人に上る。ファミマクレジットとの事業統合を控え、創立30 周年を迎える2012年は、これまで蓄積することが中心で十分に活用が進んでいなかったさまざまなデータを全社的に活用し、新商品の開発や顧客サービスの向上などビジネスに役立てるため、BI システムの刷新を決定した。

ポケットカードが以前に導入していた旧BI システムは、技術的な専門知識を必要とするため習熟に多くの手間と時間がかかり、業務部門による積極的活用が促進されないことが課題となっていた。新BI システムでは、全社で統合された共通のデータをユーザーフレンドリーな操作のしやすい画面で利用可能なため、業務部門のユーザーが自ら必要な情報を適宜収集し、業務に応じて情報活用することができ、ユーザー視点でのデータ分析による顧客サービスの改善やスピーディーな状況把握に基づく機動的な意思決定の実現など、BI システムの積極的活用によるさまざまな成果が期待できるという。

ポケットカードでは、Oracle Business Intelligence 11gが、情報の可視化だけでなく企業のPDCA(Plan Do Check Action)の最適化に必要な機能を提供できる点や、テラバイト単位のデータに対する集中的なデータアクセスや分析処理が可能で、かつデータの増大量に合わせたシステムの拡張性を高く評価した結果、採用を決定した。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP