カード不正利用の検知精度向上、米国の新AI技術「RIME」を採用へ(IWI)

2021年9月28日14:33

インテリジェント ウェイブ(IWI)は、AIセキュリティベンチャーであるRobust Intelligence社(本社:アメリカ合衆国カリフォルニア州、 以下:RI)のAIエンジン「RIME」による、 IWIが提供する不正検知ソリューションのひとつである「FARISスコアリングサービス」の不正検知精度向上、AIチューニング負荷の軽減に関する実証実験に成功し、正式に「RIME」を採用したと発表した。今後も不正利用被害の削減に向けて、さらなる開発・検証を進めていくという。

昨今、キャッシュレスによるトランザクション量が増加し、連れて不正取引についても増加の傾向がみられている。カード決済の不正検知業務負荷はコロナ禍における非接触ニーズの高まりも背景にあり、今後も増大していくことが考えられる。IWIでは、カード発行会社(イシュア)をはじめとする顧客企業の課題解決のため、不正検知分野において、スコアリングの研究、不正アタックに対する自動防御機能、不正情報の共有システム等、さまざまな取り組みを開始している。その取り組みの1つとして、IWIが提供するFARISスコアリングサービスの検知精度向上に向けた実証実験を行った。

RIMEは、蓄積されたビッグデータから、既存運用中の機械学習モデルやルールの弱点を発見する製品だ。モデルに対しさまざまなテスト(AI Stress Testing)を走らせることによって機械学習モデルの修正点を特定し、AI運用の改善を行うことが可能だ。

実験では、IWI開発の不正検知システムに対して、RIMEを用いた実験を実施。不正利用が行われたかを判断する既存のスコアモデルに対し、RIMEによるモデルチューニングを実施したところ、カード利用阻害および不正被害の検知精度が向上した。また、RIMEを用いてスコアモデルの生成後、 個社に合わせたチューニングを実施したところ、不正被害の検知精度が向上したという。

なお、IWIは、あらかじめ設定したルールとスコアリング機能を基に、リアルタイムで不正利用を検知することが可能なシステム「ACEPlus」、また、「ACEPlus」の機能一式を提供するクラウドサービスである「IFINDS」を提供し、国内の高いシェアを獲得しているそうだ。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

電子マネー、クレジット、QR・バーコード、共通ポイントなど、多数のキャッシュレス決済サービスをワンストップで提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)
決済領域を起点に多様なビジネスニーズに応える各種ソリューションを提供(インフキュリオン)
ReD ShieldやSift等の不正検知サービスを提供し、お客様の不正対策を支援(スクデット)
「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
TOPPANの決済ソリューションをご紹介(TOPPANデジタル)
多様な業界のニーズに対応した、さまざまなキャッシュレス・決済関連サービスを提供する総合決済プロバイダー(DGフィナンシャルテクノロジー)
決済業務の完全自動化を実現する「Appian」とクレジット基幹プラットフォームを合わせてご紹介!(エクサ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

PAGE TOP