東京ドームが顔認証入場や決済を導入、試行運用を踏まえた非接触・セキュリティのアップデートとは?

2022年3月2日13:36

東京ドームでは、完全キャッシュレス決済の導入、顔認証による一般来場者を対象とした入場・決済サービスに顔認証技術を導入する。キャッシュレス決済では、場内にサポート体制を設置するなど、体制を整えた。また、顔認証決済は、2022年3月2日のオープン戦、顔認証入場は2022年3月25日の公式戦から運用開始する。

2021年の試行運用の成果を踏まえ顔認証決済を本格導入

顔認証とSuicaで入場可能に
多くのキャッシュレス決済に対応

過去最大級のリニューアルを行った東京ドームでは、事前に利用者が登録した顔画像により入場・決済ができるサービス「facethru(フェイスルー)」を2022年3月から順次サービスインする(入場は3月25日からを予定)。また、facethruでは交通系電子マネー「Suica」による入場もできる(現時点では交通系カードはSuicaのみが対象)。また、モバイルSuicaも利用可能だ。

顔認証入場ゲート
Suicaによる入場にも対応

利用者は、来場者情報登録を行うことができ、ゲート入場は専用レーンで行うことが可能だ。また、登録した顔認証を利用して、場内飲食店舗や「G-STORE」での買い物が手ぶらでできる。

パナソニック システムソリューションズ ジャパン サービスインテグレーション本部 SI本部ソフトウェアプラットフォーム担当 サービスマーケティング部 サービス開発課パートナー開発係 上口善明氏。手ぶらでの決済に対応。東京ドームでは、2021年の顔認証決済の試行運用を経て機能をアップデート

東京ドームでは、場内の全売店、客席販売、場内チケットカウンターなどにおいて、完全キャッシュレス化を実施する。利用できるのはクレジットカード(JCB、Visa、Mastercard、American Express、Diners Club、Discover、銀聯)、QUICPay+、iD、nanaco、楽天Edy、WAON、Suica等の交通系電子マネー、PayPay、d払い、楽天ペイ(アプリ決済)、LINE Pay、au PAY、メルペイ、Alipay+、WeChat Pay、ゆうちょPayとなる。スタンド内で飲食物などを販売する客席販売では、三井住友カードのオールインワン決済端末「stera mobile」を約300台導入する。なお、コンコースの売店では、ジェーシービーの「Smart Code」も利用可能だ。コインロッカーでの決済方法は、Suicaなどの交通系ICカードのみとなる。また、自動販売機の決済方法は、各販売機によって異なる。

リニューアルで最大級の大型ビジョンに

チャージ機設置、カード販売でキャッシュレス対応に備える
座席ではNFC/QRコードでWebに誘導

東京ドームでは、交通系ICカードチャージ機、nanacoチャージ機、セブン銀行ATMによる電子マネー等へのチャージが可能だ。キャッシュレス決済手段を保有していない人のために、Suicaカード(2,000円、1,500円分がチャージされている)、nanacoカード(300円)の販売も行う。nanacoに関しては、チャージ金額は入っていないが、場内のチャージ機等でチャージが可能だ。

場内各所に「DXサポートデスク」も設置。東京ドームではじめてキャッシュレスを利用する人へのサポートを行う。また、小学生のキャッシュレス体験に向けて、小学生限定で「キッズnanaco」をプレゼントする(保護者同意が必要、2022年4月に小学校に入学する人も対象)。

なお、東京ドームでは、場内の座席にNFCタグとQRコードを読み取りできるシールを添付しており、Webに誘導できる仕組みを従来から導入している。

座席にNFCタグ/QRコードが設置されておりWebに誘導

JR東日本メカトロニクスの「ID-PORT」と連携しID連携が可能に
連携する決済代行サービスは?

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。
「Paymentnavi Pro2021」の詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

電子マネー、クレジット、QR・バーコード、共通ポイントなど、多数のキャッシュレス決済サービスをワンストップで提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)
決済領域を起点に多様なビジネスニーズに応える各種ソリューションを提供(インフキュリオン)
ReD ShieldやSift等の不正検知サービスを提供し、お客様の不正対策を支援(スクデット)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
TOPPANの決済ソリューションをご紹介(TOPPANデジタル)
多様な業界のニーズに対応した、さまざまなキャッシュレス・決済関連サービスを提供する総合決済プロバイダー(DGフィナンシャルテクノロジー)
決済業務の完全自動化を実現する「Appian」とクレジット基幹プラットフォームを合わせてご紹介!(エクサ)
チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

PAGE TOP