イシュイングにAIを活用するクレディセゾンの取り組み 人的ノウハウとAIを融合させ不正検知の精度を向上(下)

2022年3月17日8:00

AIの判定に人の知見を加味して
特異なケースを見逃さず検知精度を向上

AIモデルを活用した運用事例をご紹介します。スコアが高い取引ほど不正の懸念が高く、件数は少なくなります。高スコア帯においては、不正検知システムで自動的に取引を拒否することを可能にしています。中スコア帯では、ルールの閾値を若干下げて、そこに従来から使ってきた担当者のルール条件を掛け合わせて、不正検知の精度を上げていきます。低スコア帯では、中スコア帯と同じように人手によるルール条件を掛け合わせて精度を上げる、あるいは、検知から除外して真正利用阻害を軽減し、効率化を図るという運用をしています。

担当者のルール条件の掛け合わせと言いましたが、具体的にはたとえば、スコアが400点以上であれば自動的に拒否、スコア100点以上であれば加盟店Aでは拒否、スコア50点以上であれば加盟店Aでかつ購入金額3万円以上の場合に拒否といった条件を付けるというイメージです。

次に、スコアモデルを実際に運用していく上で、われわれが重要だと感じているポイントについてお話しします。1つ目は、学習データとなる不正データの安定した提供です。判明した不正データは、遅滞なく連携することが肝要です。実務的には、懸念される取引を見つけた場合に、迅速に利用確認を行って、その結果をすぐに登録するということです。登録が遅れてしまったり、ため込んでしまったりということになると、安定した学習データの提供ができません。つまるところスコアリングが安定しないということになってしまいます。

2つ目は、誤検知割合の許容範囲を明確にするということです。不正検知にかかわるメンバーの間で、何パーセントまで誤検知を許容するのかの合意ができているということが、非常に大事だと思います。精度を100パーセントにすることは不可能です。1つ1つの判定に一喜一憂するのではなく、全体として許容する範囲内にきちんと収まっているかどうか、そのバランスをチェックするという意識を持って運用することが、持続的な運用のために重要だと考えています。

3つ目が、スコアモデル特性の理解です。2つ目ともリンクしますが、スコアリングが100パーセントの精度を上げるということが目的なのではなくて、大量の取引データの中から一定の割合で不正を捕捉することが目的です。言い換えれば、一定の範囲内にありさえすればいいと割り切ってしまうということです。ただし、人間の感覚として、阻害してほしくない特異なケース、明らかにおかしい異常なケースは、従来通り人の手によって補正したり補足したりする必要があると思っています。最初からそういう特異なものも含めて自動的に調整できればいいのですが、とがったところにも照準を合わせてしまうと全体のバランスが崩れてしまう可能性がありますので、特異なケースが現れたときに人が補正するというやり方のほうが今の時点ではうまくいくのではないかと思っています。

わかりやすいスコアの設定で運用が容易に
不正被害金額は約6割に減少

続きまして、導入の効果です。スコアの活用によって、定性的な効果としては、まず、検知条件の記述が簡単になりました。今まで、パターン化が困難、あるいは、見つかってもそれをどう記述すればいいかと頭を悩ませてきたものを、どの加盟店の、いくら以上といった簡易なルールで検証することが可能になりました。2つ目もこれと関連しますが、検知条件の設定がシンプルになったことで、スコアの閾値を上げ下げすることで容易に影響の度合いをコントロールすることが可能になりました。3つ目は検知条件のメンテナンスの負荷軽減です。ルールのスコアのモデル自体に、常に最新の不正データの学習が反映されるので、検知の精度を高く維持することができます。そのため、スコアと簡易的な条件を掛け合わせるといったざっくりした分析でも、一定レベルの精度が保たれるという利点があります。

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。
「Paymentnavi Pro2021」の詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

スマホ会員証でポイントサービス。今イチオシの「VALUE GATE」(トリニティ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP