MaaSやスマートシティ、決済データ連携のソリューションも(スマートシティ推進EXPO/地方創生EXPO)

2022年8月23日8:35

「第2回 スマートシティ推進EXPO」「第5回 地方創生EXPO」などの展示会が2022年6月29日~7月1日まで東京ビッグサイトで開催された(主催:RX Japan)。会場では、決済と連携したMaaS(Mobility as a Service)、ICカードやスマートフォン等を活用した決済データと連携したソリューションなどが展示された。

大日本印刷(DNP)は、日本全国の自治体のDXの推進をサポートしている。三重県多気町など5町の広域連携モデルが、政府の「デジタル田園都市国家構想」推進交付金の対象に採択された。三重広域連携のスーパーシティの活動では、グリーンフィールドとして商業施設「VISON(ヴィソン)」がオープン。また、デジタル地域通貨「Mie-coin」や共通ID「Mie-ID」の開発もスタートしている。DNPは、三重広域連携スーパーシティ構想において6自治体と32企業との関連系を代表企業として主導してきた。

また、DNPモビリティレポートは、複数の交通手段・サービスが交わる場所にデジタルサイネージを設置して、デマンドバスや小型モビリティなどの移動手段を利用できる交通結節点となるそうだ。三重県菰野町、静岡県静岡市、大阪岸和田市などで効果検証を行っている。さらに、リアル空間と連動したバーチャル空間を構築するXRまちづくり「PARALLEL SITE」では、東京都渋谷区、北海道札幌市、京都府京都市などで取り組んでいる。

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。続きを読むには「Paymentnavi Pro 2022」のお申し込みが必要となります。
詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP