2022年のネット決済代行市場規模は5,124億円、2026年には8,000億円に(DTMIC調査)

2022年8月26日18:47

デロイト トーマツ ミック経済研究所(DTMIC)は、国内におけるEC(電子商取引)のネット決済代行サービスを対象とした「ECにおけるネット決済代行サービス市場の現状と展望 2022年度版」を発刊した。

ネット決済代行サービス市場規模推移(グラフ)(DTMIC)

同マーケティング資料は、国内におけるネット決済代行サービス事業者(PSP:ペイメント・サービス・プロバイダ)を調査対象とし、ネット決済代行サービス市場の動向について分析している。具体的には、PSP20社の売上実績を集計・分析し、2026年度までのECにおけるネット決済代行サービス市場の中期予測をしたという。

ネット決済代行サービス市場は、新型コロナによる2020年4月の緊急事態宣言以降、日本人の生活様式が大きく変わり、その影響が残る年となった2021年度は、前年度比116.5%の4,383.4億円となった。

2022年度は、一旦新規感染者数が減少し、人の移動に制限が掛からなくなった時期があったが、7月後半から一気に新規感染者数が急増し、今後、コロナの影響がどこまで続くのか各社とも予想しづらい状況であるものの、このコロナ禍でECを使い始めた新たな利用者層が拡大し、巣ごもり消費でデジタルコンテンツの利用が急増、日用品やマスク・消毒薬などの衛生品のネット購入が増えるなど、旅行や交通チケットの取扱いが大幅に減少、イベント関係の中止・人数制限、アミューズメント施設の入場制限などのマイナスの影響もありつつ、上位の有力企業が牽引する形で、前年度比116.9%の5,124.2億円となる見込みだという。

今後は多様化する決済手段への対応やPCI DSSへの対応・維持の業務負荷低減ニーズから決済業務のアウトソース化が拡大することで高成長が続くと予測される。2022年度から2026年度まで平均成長率14.6%で推移し、2026年度には8,680億円の市場規模になると予測している。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

電子マネー、クレジット、QR・バーコード、共通ポイントなど、多数のキャッシュレス決済サービスをワンストップで提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)
決済領域を起点に多様なビジネスニーズに応える各種ソリューションを提供(インフキュリオン)
ReD ShieldやSift等の不正検知サービスを提供し、お客様の不正対策を支援(スクデット)
「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
TOPPANの決済ソリューションをご紹介(TOPPANデジタル)
多様な業界のニーズに対応した、さまざまなキャッシュレス・決済関連サービスを提供する総合決済プロバイダー(DGフィナンシャルテクノロジー)
決済業務の完全自動化を実現する「Appian」とクレジット基幹プラットフォームを合わせてご紹介!(エクサ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

PAGE TOP