累積取扱高が5兆円を突破、クレジットその他取引の取引額は約2兆円(スマレジ)

2022年9月1日12:00

スマレジは、同社が提供するiPadなどのタブレットを利用したクラウドPOSレジ「スマレジ」で取引された累積取扱高が、2022年8月に5兆円を突破したと発表した。

「スマレジ」は、日々膨大な量の販売データ(POSデータ)を処理しているとした。2020年末の累積取扱高3兆円達成以降も取扱高の伸長はスピードを増し、直近の約16カ月間で約2兆円分の取引が行われたそうだ。

スマレジは業種・業態・規模を問わず、1店舗から600店舗以上を運営する事業者まで利用されている。直近では、全国に40店舗を擁する有隣堂など、複数店舗を展開する大手企業での導入が累積取扱高の伸長を牽引している。また、感染症予防の観点から、店舗の非対面・非接触での接客ニーズが増し、キャッシュレス決済やセルフレジ、セルフオーダーに関する問い合わせが多く見られたとしている。さらに、チャーンレート(解約率)は低い水準を保っているという。

累積取扱高のベースとなるスマレジの数字(2022年8月30日時点)(スマレジ)

サービス開始以降、スマレジを介して行われた会計の数は12.2億件以上で、取引された商品数は44.3億点を超えている。また、スマレジの商品マスタに登録されている商品点数は4,600万点以上となった。5兆円の累積取扱高のうち、約3兆円が現金で取引された。一方、 電子マネーやQR・バーコード決済を含むクレジットその他取引の取引額は約2兆円を占めている。現金取引に対するクレジットその他取引の取引額は2018年以降継続して増加傾向にある。2022年5月にはマルチ決済サービス「PAYGATE」の取り扱いもスタートし、今後もキャッシュレス取引が伸長していくものと予想している。

このコンテンツは会員限定となっております。すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。
会員登録(無料)をご希望の方は無料会員登録ページからご登録をお願いします。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP