プレシリーズAラウンドで2.4億円の資金調達、SpeeIDy開発などを強化(PaylessGate)

2022年10月12日16:10

PaylessGateは、東京大学エッジキャピタルパートナーズ(UTEC)およびKajima Ventures Pte. Ltd.(本社:シンガポール)を引受先とする第三者割当増資により、Pre-Series Aラウンドで2.4億円の資金調達を実施した。調達した資金により、複数の実証実験を行っているリアル認証・決済プラットフォーム「SpeeIDy(スピーディー)」の開発と人材採用を加速させるという。

PaylessGateは、スマートフォンのBluetoothを用いたハンズフリー・非接触認証・決済プラットフォームの提供に向けて事業を推進してきた。

PaylessGateの提供するSpeeIDyは、一般的なスマートフォンで使用可能なBluetoothを用いて、PaylessGateが保有する世界初の技術である「超高精度の位置測定技術」及び「スーパーコンピューターにも破られないセキュリティの高い認証技術」を組み合わせることで、ETCのようにスマートフォンを持ち運ぶだけでハンズフリー・非接触の認証・決済を可能とする認証・決済プラットフォームだという。SpeeIDyアプリには、イベント受付、ポイント・決済、自動改札、スマートキーなど既存の様々な認証・決済サービスとの接続が可能であり、従来分散していたリアルにおけるデジタル認証を統合するプラットフォームとして機能するそうだ。

利用者は、スリープ状態のスマートフォンを持ち運ぶだけで端末を操作することなく、ハンズフリーや非接触で認証・決済を行うことが可能だ。事業者も市販のタブレットやスマートフォンまたは小型のハードウェアを設置すると、ハンズフリー・非接触による高速・高精度の認証決済を導入可能だという。

PaylessGateでは、SpeeIDyの実証実験を複数の事業者と進めている。さいたま市美園地区でAIシステムを用いたオンデマンド交通サービス「みそのREDタクシー」の令和6年度の実運用開始に向けた実証実験の最終年度となる第3期実証実験が2022年10月から2023年2月にかけて実施される。PaylessGateは、第2期実証実験に引き続き第3期実証実験に参加し、オンデマンド交通の利便性を向上させることを目的として、PaylessGateの特許技術を用いた「ハンズフリー乗車体験」を提供する。2021年12月から2022年2月に実施された第2期の実証事業での結果を踏まえ、今期の実証実験では新たな券種として回数券を加えるとともに、ユーザーアプリ、乗務員アプリともによりシンプルで使いやすいアプリ設計とすることで、ユーザー体験、乗務員体験の向上を目指す。

実証実験では、乗客がPaylessGateのスマートフォンアプリをインストール・設定したスマートフォンを携帯して乗車すると、乗務員のスマートフォンに乗客の人数や定期券、回数券、一日周遊券における大人や子供、ファミリー等の券種別のチケット情報が自動で表示されることで乗車確認を行う。これにより非接触の接客が可能になり、乗客、乗務員双方に安全・安心を提供する。また、乗車券確認の時間を大幅に削減することで、運行時間の短縮、同乗者の待ち時間短縮につながり、オンデマンド交通の利便性向上につなげるという。

また、2022年9月16日〜9月19日まで羽田空港に隣接する「HANEDA INNOVATION CITY」において行われた特別企画 「羽田スマートシティEXPO2022 秋」にて、HICity-羽田空港第三ターミナル間を循環運行する「自動運転バス」においてPaylessGateの特許技術を用いた新たな「スマートフォン端末認証による乗車体験」を提供した。乗客はPaylessGateのスマートフォンアプリ「SpeeIDy」をインストール・設定したスマートフォンを携帯して乗車し、バス内の受付端末(タブレット)にスリープ状態のスマートフォンを近付けることでデジタル認証が行われる。今後規制の緩和が想定される自動運転バスの完全無人化に向け、無人認証の基盤を提供するという。

PaylessGateのサービス(PaylessGate)

この記事の著者

paymentnavilogo1

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

関連記事

ペイメントニュース最新情報

決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP