ビンゴ型マーケティングツールをコープこうべに試行導入(TMN)

2022年10月24日17:56

トランザクション・メディア・ネットワークス(TMN)は、生活協同組合コープこうべ(兵庫県神戸市)に、TMNのビンゴ型マーケティングツールの試行導入を開始した。

原材料価格高騰による値上げラッシュで消費者が価格に敏感になっている中、価格ではなく商品価値を訴求する非価格プロモーションが、現在の小売業における他社との差別化およびファン化促進につながると考え、TMNでは消費者に商品のストーリーを届けるビンゴ型マーケティングツールを提供している。

非価格プロモーションでファン化を促進(TMN)

TMNは、2021年10月に、コープこうべの店舗事業と宅配事業でそれぞれ管理されていた約170万人の会員情報を統合し、会員管理システム基盤を刷新して以来、販促支援を行っている。このほど、年末年始の繁忙期に向けてTMNのビンゴ型マーケティングツールを試行導入し、コープ商品の価値訴求と新規組合員加入促進に向けた施策として3カ月間の効果測定を行う。

ビンゴ型マーケティングツールは、WEB上でビンゴ型のUI(ユーザーインターフェイス)を用いて商品価値を訴求するツールで、ビンゴのマスを開くと商品に関する情報やクイズが用意されている。行動経済学に基づいて設計されており、能動的に全てのマスを開きたくなる仕組みで、伝えたい情報をしっかりと届ける力に優れているほか、利用者の声を取得できるため、双方向のコミュニケーションツールとして、ファン化促進に効果的だとしている。

TMNでは今後、ビンゴ型マーケティングツールと決済、ID-POS情報等を連動させ、ワン・トゥ・ワン・マーケティングやリテールメディアサービスへの展開を目指す。

トランザクション・メディア・ネットワークス

〒103-0027
東京都中央区日本橋2-11-2
キャッシュレス決済ゲートウェイを提供するシンクライアント型電子マネーのパイオニアとして、現在、クレジット、QRを含め業界最多レベルの40ブランドに対応しているのに加え、ハウスプリペイドや会員ID統合などマーケティングソリューションまで幅広く展開する情報プロセシングカンパニーです。決済処理金額は年間換算2.6兆円(2020年度実績)、累計接続端末台数は75万台(2021年9月時点)に達し、今後さらに拡大する見込みです。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP