イタリアで「Il Salone dei Pagamenti 2022」開催、決済イノベーションが進む

2022年12月1日0:00

イタリアのペイメントイベント「Il Salone dei Pagamenti(2022年)」(主催:ABIServizi)が11月23日~25日までイタリア・ミラノの「MICO MILANO CONGRESSI」で開催された。同イベントは、イタリアの決済業界と決済イノベーションに関するイベントで、会期中はさまざまな講演やワークショップ、企業の展示が行われた。イタリアは日本同様にキャッシュレス比率の伸びしろが高く、新型コロナウィルスの影響があけての待望のイベントということもあり、会場には多くの来場者が訪れていた。

2022年のテーマは、「グローバル決済の未来」「持続可能な社会に向けて」「統合デジタルストア」「デジタルユーロとデジタルアセット」「セキュリティの課題」「将来の消費者:新世代」となり、日本と似たトレンドがイタリアでも注目されている。

Mastercardの24日のセッションの様子

会場では、イタリアで展開する国際ブランド、主要なイシュア(カード発行会社)やアクワイアラ(カード加盟店開拓企業)、決済端末ベンダー、デジタルセキュリティベンダー、不正検知ソリューション、コンサルティング会社などがブースを構えた。

今回の展示会場のトレンドとして、会場では、「Tap to Phone」「Tap on Phone」のソリューションのデモが行われていた。前回訪問した際は一部の金融機関が検証を開始したタイミングだったが、サービスの広がりを期待させた。また、IDEMIAとSella Personal Creditが生体認証クレジットカードの立ち上げに向けたパイロットを開始した指紋認証カード、環境に配慮したカードなども展示されていた。また、決済端末ではAndroidベースの端末が成長しており、無人機での伸びも期待できるという。

VisaはRCHとのコラボにより「Tap to Phone」支払いサービスを紹介
イタリアにおいてAndorid POSを積極的に展開するPAX Italia
Sella Personal Creditとパイロットを開始したIDEMIAの「F.CODE」
Poste italianeの「Postepay」のEC決済のデモ
NTTデータはメタバースサービスを紹介

なお、ペイメントナビ編集部では、会場の複数のブースで取材を実施。インタビューの模様は順次紹介する。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)
現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP