北海道日本ハムファイターズのオフィシャルキャッシュレスパートナーに(三井住友カード)

2022年12月6日19:45

三井住友カードは、ファイターズ スポーツ&エンターテイメント(北海道札幌市)と、2023年3月に開業する北海道日本ハムファイターズの新球場「ES CON FIELD HOKKAIDO(エスコンフィールド)」、およびエスコンフィールドを核とした「北海道ボールパークFビレッジ(Fビレッジ)」におけるキャッシュレス環境の構築に向け、北海道日本ハムファイターズのオフィシャルキャッシュレスパートナーに就任したと発表した。

左から三井住友カード 代表取締役社長 大西 幸彦氏、ファイターズ スポーツ&エンターテイメント 代表取締役社長 川村浩二氏(三井住友カード)

エスコンフィールド内の、飲食物・グッズの販売店など全店舗における商品の販売・取引は、すべてキャッシュレス決済(非現金決済)とし、Fビレッジの他エリアも含め、全面的なキャッシュレス環境の構築を行うそうだ。

ファイターズは、Fビレッジのコンセプトを”共同創造空間”とし、最先端の技術とサービスを用いて、来場者が快適に過ごせる空間を目指している。ファイターズは、そんな来場者の悩みを解決するため、エスコンフィールド内の完全キャッシュレス化、および他エリアにおけるキャッシュレス決済の導入も決定した。観戦後の来場者による混雑緩和などを通じ、各施設のスムーズな利用につなげるという。

具体的には、一台でクレジットカード・電子マネー・QRコードなど、さまざまな決済手段の受け入れが可能なオールインワン決済端末「stera terminal」、およびオールインワンモバイル端末「stera mobile」、合計約500台を、エスコンフィールドを含むFビレッジ内のすべての店舗に設置する。

この記事の著者

paymentnavilogo1

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

関連記事

ペイメントニュース最新情報

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP