沖縄県宮古島でワーケーション実証実験(IWI)

2022年12月12日9:06

インテリジェント ウェイブ(IWI)は、人的資本向上の一環として、沖縄県宮古島市でのワーケーション実証実験を行っている。同実証実験は12月末までの効果測定を実施しており、ワーケーション導入に向けた検討を行うそうだ。

新型コロナウイルス感染症の拡大をきっかけにテレワークが浸透する中、新しい働き方の一つとして、休暇を兼ねて、ホテルやリゾート地などで仕事をする「ワーケーション」が注目されている。政府もテレワークに加えてワーケーションを推奨し、普及に向けてさまざまな取組みを行っている。

IWIが提供する製品やサービスは、決済ネットワーク接続および認証やカード不正利用検知システムをはじめ、いずれも社会にとって必要不可欠な機能を担うインフラストラクチャー(IT基盤)だという。そのため、同社の社員を対象にした人的資本の向上に係る取組みは、IT基盤の安定的な稼働を保証するだけなく、提供する製品やサービスの品質向上に大きな効果が期待できるとした。

そうした考えのもと、IWIは、社員の「働きやすさ」と「働きがい」を追求しており、今回、社員の健康と活躍をさらに後押しするための新たな働き方としてワーケーションの導入を目指す実証実験を行うこととなった。

今回のワーケーションは、美しい自然景観を有し、1年を通じ温暖な気候で過ごせるという点から、宮古島にて実施する運びとなった。

同プログラムにおいては、対象社員が1週間程度、宮古島で勤務する。社員は業務に影響のない範囲でレクリエーション等を行うことができる。宮古島でワーケーションを行ううえで必要となる飛行機を含む移動費用、宿泊費用、その他の経費は会社が負担する。また、社員には家族等の帯同を推奨し、追加の旅費等を会社が支援することで、社員がよりリラックスしてワーケーションに参加できるよう試みる。

この記事の著者

paymentnavilogo1

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

関連記事

ペイメントニュース最新情報

電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP