Adyenがリアル店舗のアクワイアリング開始、単一プラットフォームの強み発揮へ

2022年12月14日8:00

決済プラットフォームを提供するAdyen(アディエン)は、2022年12月13日に記者説明会を開催し、従来のオンライン決済に加え、日本市場で対面決済ソリューションを提供すると発表した。同社では、実店舗、オンライン決済を単一プラットフォームで提供することにより、日本市場で加盟店のユニファイドコマース(Unified Commerce)を支援する。

Adyen Chief Commercial Officer(最高商務責任者)のRoelant Prins(ルーラント・プリンス)氏

ユニファイドコマースソリューション本格展開
顧客データの分析機能も強みに

記者説明会では、Adyen Chief Commercial Officer(最高商務責任者)のRoelant Prins(ルーラント・プリンス)氏が日本での新サービスについて発表した。

Adyenは、世界の大手企業に対し、非常にシンプルな決済サービスを提供してきたという。例えば、Spotify、Uber、Airbnbといったサービス、大手流通企業のH&M、ユニクロなどにサービスを提供している。こうした企業はグローバルでサービスを展開している。そして、顧客に対し最高の体験を提供する必要があり、その作業は非常に複雑であるとした。

Adyenの強みは、1つのモジュールでさまざまなコンポーネントを統一したインフラを構築している点だ。これにより、加盟店は安定したパフォーマンスでサービスを運用することができるとした。ルーラント氏は「Webサイトでの買い物、実店舗での買い物を一体化して、1つのプラットフォームでサービスを提供できる」とした。

また、加盟店には、顧客データの分析機能(インサイト機能)を提供している。顧客の行動が多様化する中で、分析機能は非常に重要性が高まっているそうだ。顧客は店舗、ECサイト、アプリなど、一貫した体験が得られることに期待している。日本においても、現金からキャッシュレスに移行する中で、同機能はより重要になるとした。

Adyenの調査によると、日本の43%の消費者は「オンラインで購入した商品の返品を実店舗でできるようにすれば、さらにお店で買い物する」と回答している。しかし、現状、日本でこれを実現できている店舗は14%にとどまる。

単一プラットフォームに基づくソリューション
海外ではユニクロ、ドミノ、H&M等が活用

Adyenでは、国内でユニファイドコマースの展開を開始するが、単に実店舗、オンラインで決済サービスを提供するだけではなく、同社のプラットフォームを通じて、さまざまな情報を集約して獲得できる点が強みになる。店舗は顧客にマルチチャネルでサービスを提供するが、その下にあるプラットフォーム、決済、ソフトウェアがすべて1つに統合されており、店舗は顧客により良い体験の提供が可能になるとした。

例えば、ユニクロは日本以外のさまざまな地域でAdyenのプラットフォームを活用している。実店舗、オンライン問わず、さまざまな市場の顧客に決済サービスを提供でき、1つの共通化した方法で顧客の振る舞いを分析できるとした。

また、ドミノでは、実店舗、オンラインそれぞれで注文した情報を統合して管理し、支払いを受け入れている。複数のトランザクションをまとめることで、ライフサイクルそのものを理解することができるとした。

さらに、H&Mでは、実店舗、ECサイト、アプリの情報を複数の国で、Adyenの決済プラットフォーム上で管理している。

Adyen アジア太平洋地域社長のWarren Hayashi(ウォーレン ハヤシ)氏
日本カントリーマネージャー Jonathan Epstein(ジョナサン エプスタイン)氏

対面・非対面を1つのプラットフォームで
多様な決済手段の提供も視野に

Adyenは、2021年5月19日に国内で非対面でのアクワイアリング(加盟店開拓)事業を展開すると発表した。これまでオンラインを中心にアクワイアリングを行ってきたが、実店舗でもクレジットカードのアワクワイアリングを提供していく。これにより、企業は対面、非対面にかかわらず、Adyenの1つのプラットフォーム上で決済サービスを提供可能となる。日本でサービスを展開する国際的な企業に加え、日本国内のみでサービスを提供する企業などにもサービスを提供する方針だ。

店舗のQRコードを読み取ってモバイルPOS(Verifone e280)で決済するデモを実施

オンラインで注文した商品を店舗で受け取るデモ。店舗ではQRコードをスキャンして受け取りが可能に

Adyen アジア太平洋地域社長のWarren Hayashi(ウォーレン ハヤシ)氏は「日本のリテール市場は世界のトップ5に入っているのでチャンスはあると考えています」と話す。また、「真の意味でのユニファイドコマースを提供できているのは我々が初となり、他社との最大の差別化ポイントです」とハヤシ氏は自信を見せる。日本カントリーマネージャー Jonathan Epstein(ジョナサン エプスタイン)氏も「日本ではたくさんの支払い手段があり、複雑ですが、1つにまとめた形で提供していきたい」と意気込みを見せた。

実店舗とオンラインの利用者の情報を確認することが可能に

加盟店の契約も対面・非対面を統合
決済端末のソフトウェアも独自開発

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。続きを読むには「Paymentnavi Pro 2022」のお申し込みが必要となります。
詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP