オムロンの「eZCATS-100C」、店舗の運用を考えた独自のノウハウとは?

2023年3月8日20:10

「リテールテックJAPAN2023」では、複数のブースで新型の決済端末の展示が行われたが、その1社がオムロンソーシアルソリューションズだ。同社では2023年6月以降に新型の決済端末「eZCATS-100C」をリリースする予定だ。

Android OSを搭載
液晶端末とクレードルを分離可能

日本リテイルシステムのブースで展示された「eZCATS-100C」は、オールインワン端末をうたっており、一台にさまざまな機能を集約した点が特徴だ。オムロンの担当者は「日本製メーカーだと唯一のオールインワンとなります」と自信を見せる。

同端末ではクレジット、電子マネー、QRコード決済といった主要な決済に対応する。また、三面待ちにも対応し、電子マネーやタッチ決済のかざし、暗証番号の入力も液晶画面上で行える。暗証番号はランダム表示ではないが、のぞき見防止機能を標準で装備する。端末には、Android OSを搭載しており、今後はアプリマーケットとの連携も検討していく。

操作を行う液晶端末とクレードルを分離して利用できる点も特徴だ。加盟店はWi-Fi接続により液晶端末を持ち運んで利用でき、例えば飲食店ではテーブル決済が行える。また、百貨店やファッションブランドでは商談コーナーなど面前で決済してもらうことが可能だ。レシートの出力はクレードルからとなるため、店員の移動は必要だが、顧客対応の面でメリットが生まれるそうだ。なお、液晶端末はクレードルに置くだけで充電される。

決済端末「eZCATS-100C」

端末の大きな特徴として、店員が顧客からクレジットカードを預かる「店員操作型」、顧客が自ら端末にカードをかざしたり、接触ICを挿入する「顧客操作型」を選択できる点も挙げられる。液晶端末はクレードルに180度回転して置くことが可能だ。

レシートはクレードルに

店員、顧客の両操作に対応
ケーブル断線を防ぐ工夫、今後の予定は?

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。続きを読むには「Paymentnavi Pro 2022」のお申し込みが必要となります。
詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

ReD ShieldやSift等の不正検知サービスを提供し、お客様の不正対策を支援(スクデット)
「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

シームレスなBtoB決済を実現!インフキュリオンの請求書支払いプラットフォーム(インフキュリオン)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
TOPPANの決済ソリューションをご紹介(TOPPANデジタル)
多様な業界のニーズに対応した、さまざまなキャッシュレス・決済関連サービスを提供する総合決済プロバイダー(DGフィナンシャルテクノロジー)
決済業務の完全自動化を実現する「Appian」とクレジット基幹プラットフォームを合わせてご紹介!(エクサ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)
電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

PAGE TOP