2023年3月17日8:00

学園内の自販機・売店に顔認証決済サービスを導入

愛知県蒲郡市にある全寮制の中高一貫校、海陽学園では、学園内の自販機および売店に顔認証による決済サービスを導入した。以前から独自の決済用FeliCaカードを用いて、学園内のキャッシュレス決済環境を整えていたが、顔認証の導入によって生徒はカードレス、つまり手ぶらで学園内で買い物をすることが可能になった。また、チャージ式のプリペイドカードを活用することで、使いすぎの心配もなく、決済情報は保護者にもリアルタイムで通知されるため、生徒の生活の様子が伝わって保護者の安心感も増す。以前の独自システムによるキャッシュレス決済の運用と比較して、学園側が負担するコストも大幅に削減できた。

海陽学園 マネージャー 川村裕和氏

更新のタイミングで顔認証導入
Kyashのプリペイドカードを活用

海陽学園は日本の次世代リーダーの育成を目指し、トヨタ自動車、JR東海、中部電力の3社を中心に、80社以上の企業の賛同を得て、2006年に愛知県蒲郡市に設立された、全寮制の中高一貫校だ。およそ500人の全生徒が、構内のハウス(寮)で生活をともにしている。

保護者の現金送金の煩雑さや、不要なトラブルを回避するため、同学園では開校当初から独自のFeliCaカードを作成・配布することによって、学園内の決済のキャッシュレス化を推進してきた。このキャッシュレス決済システムが老朽化し、更新のタイミングを迎えるにあたり、同学園では顔認証決済サービスの導入を決めた。

2021年に、顔認証機能を備えたダイドードリンコ(以下、DyDo)の自動販売機を設置。まず1台でテスト運用を始め、問題なく稼働することが確認できたため、現在では学園内にある十数台の自動販売機をすべて、DyDoの顔認証自動販売機に置き換えた。NECの顔認証技術を用い、顔認証に加えて利用者が事前に設定したパスコードを入力することによって決済が完了する仕組み。決済情報はリアルタイムで保護者にも通知される。

顔認証決済が可能なDyDo の自動販売機

2022年秋には、学園内の売店にも、NECの顔認証技術を活用した決済サービスを導入した。NECは2022年7月より顔認証決済のサービス型での提供を開始しており、本件が導入第一号となった。

あらかじめ顔写真、および、決済情報をシステムに登録しておけば、売店レジのタブレットで顔認証とパスコードの入力を行うことで決済が完了(学園ではKyashのチャージ式プリペイドカードを採用)。プリペイドカード残高の範囲内での利用に限られるため、使いすぎを防止でき、自動販売機同様、決済情報はリアルタイムで保護者にも通知されるので、保護者にとっても安心の決済システムとなっている。

Kyash が提供するプリペイドカードを利用して、同社の決済・送金アプリからチャージが可能

プリペイドカードへのチャージ方法は、銀行口座から直接、クレジットカードから、セブン銀行のATMからなど、複数の中から選べる。チャージ額の上限は、Kyashが定める範囲内で、それぞれの保護者が自由に設定することができる。毎月決まった日にいくら、もしくは、残高が一定金額を下回ったタイミングでいくらチャージするといった自動チャージの設定も可能である。

キャッシュレス決済環境を進化させつつ
コストを大幅に削減

Kyashのプリペイドカード導入以前、海陽学園では、トヨタファイナンスの「TS CUBIC CARD」をベースに、独自にスクラッチで開発したFeliCaカードを学園内での購買に利用していた。システムおよびカードの管理・運用を学園が一手に担っていたためコスト負担が大きく、また、生徒がFeliCaカードを紛失・破損するケースが絶えないという課題もあった。

顔認証決済サービスでは、旧来のシステムは使用しない。自動販売機ではDyDoが顔認証から決済までのすべてを履行。売店では学園がNECの顔認証決済サービスの加盟店となる形となり、決済金額に応じた手数料が発生するが、トータルで見て、決済にかかわるコストは、従来の約10分の1に圧縮できたという。

また、生徒や教職員は、カードを携帯せずに手ぶらで買い物ができるので、カードの紛失・破損というリスクもなくなる。

これまでの運用の成果として、顔認証技術の精度は非常に高く、マスクを着用していても、また、双子であっても誤認証されたケースはないという。海陽学園 マネージャー 川村裕和氏も、「これまで大きなトラブルはありません」と技術の信頼性に太鼓判を押す。現在は顔認証とパスコードの二要素認証を採用しているが、近い将来には「顔と虹彩など生体認証の組み合わせで、より快適な決済環境を提供できるようになると考えています」(川村氏)と期待を寄せている。

「決済・金融・流通サービスの強化書2023」より

関連記事

ペイメントニュース最新情報

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

シームレスなBtoB決済を実現!インフキュリオンの請求書支払いプラットフォーム(インフキュリオン)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
TOPPANの決済ソリューションをご紹介(TOPPANデジタル)
多様な業界のニーズに対応した、さまざまなキャッシュレス・決済関連サービスを提供する総合決済プロバイダー(DGフィナンシャルテクノロジー)
決済業務の完全自動化を実現する「Appian」とクレジット基幹プラットフォームを合わせてご紹介!(エクサ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)
電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

PAGE TOP