ルミーズの次世代ネットワーク基盤「aegise2.0」が夏に稼働、SIerや端末ベンダー等への後方支援強化

2023年3月16日20:50

ルミーズは「リテールテックJAPAN 2023」に出展し、構築を進めている次世代決済ネットワーク基盤「aegise2.0」を紹介した。

ルミーズは長野県上田市の企業であり、オンライン決済に加え、対面や無人決済ソリューション、P2PEソリューションなどを幅広く提供している。同社では、新たな基盤として「aegise2.0」の構築を進めており、夏頃のリリースを予定している。主にソリューションベンダーや決済端末メーカー向けに提供していくという。

NEO 3 シリーズの「VP7200」。今後は他のNEO3シリーズ端末との接続も容易になるという

APIリファレンスはWeb上ですべて公開
加盟店システムとシームレスに連携可能

「aegise2.0」開始の背景として、近年はPOSや端末の決済において、カード情報の非保持化の観点から外回り方式の採用が増えている。しかし、従来のリンク式の決済では障害発生時に決済データと受注データとの間に齟齬が生じる場合がある。また、内回りの場合、PCI P2PE準拠、内回り11要件への対応といった課題や運用負荷がかかると課題もある。

ルミーズの担当者は「aegise2.0では、内回りであればPCI P2PEをサポート、外回りであればトークンを発行します。そのトークンを端末内部、POSアプリでキャッチしてPOSセンター経由で受け取ります。これにより、受注データと決済データの整合性が合うようにします」と説明する。

「aegise2.0」のティザーサイトを公開(ルミーズ)

利用企業のアカウントはオンラインで即時発行し、APIリファレンスはWeb上ですべて公開する。また、REST APIを提供することで、アプリ開発の自由度が増すという。さらに、サーバ上で発生したイベントをWebhookで外部URLへリアルタイム通知できる。

同社では、PCI P2PEソリューションを提供するなど、セキュリティを意識した取り組みを強化してきた。例えば、MO・TO(モバイルオーダー・テレフォンオーダー)ソリューションを自社で運用するとともに、他社にも関連ソリューションを提供してきた。「aegise2.0」による決済処理はトークンによる内回りで、加盟店システムとシームレスに連携可能だ。

NEO3シリーズとの開発が佳境に
2センターで冗長化

NEWPOS製のスマートフォンサイズの新端末「NEW9310」。価格面でもメリットも大きいという

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。続きを読むには「Paymentnavi Pro 2022」のお申し込みが必要となります。
詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)
現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP