ローソン銀行ATMで「Smiles Mobile Remittance」の国際送金カードが利用可能に

2023年3月20日10:45

国際送金サービスを提供するデジタルワレットと、1万3,500台のATM等を展開するローソン銀行は、ローソン銀行ATMにおける国際送金カード「Smiles Premium Wallet Card」、「Smiles Premium Remit Card」の取り扱いを2023年3月20日より開始した。

デジタルワレットは国際的な展開を加速
BtoB事業は「WAON POINT」の開発を支援

デジタルワレットとローソンの連携により、全国のローソン店舗などに設置されている1万3,500台を超えるローソン銀行ATMで、24時間365日、カード一枚で国際送金手続きが完了する「Smiles Premium Wallet Card」(アカウント入金用カード)および「Smiles Premium Remit Card」(国際送金用カード)の利用が可能となる。両カードは、ローソン銀行ATMでカードと現金を用意して海外送金が可能だ。両カードともにローソン銀行ATMの場合、1回の利用可能金額は50万円となり、手数料が270円かかる。

デジタルワレットは2014年にソニーのエンジニアチームが立ち上げたAIおよびFinTechカンパニーだ。2017年からは国際送金サービス「Smiles Mobile Remittance」(以下、Smiles)を開始した。「Smiles」は、スマートフォンアプリから、世界200以上の国や地域、60万以上の拠点に送金が可能だ。また、多言語対応のカスタマーサービスも備えており、在日外国人が安心して利用しやすくしている。2021年にはグッドデザイン賞を受賞するなど、高い評価を得ているそうだ。

「Smiles」は日本最大級の国際サービスで、2018年にフィリピン、2021年にシンガポールで送金事業会社を買収。2022年にはカナダ、シンガポールでサービスを開始するとともに、米国で送金事業ライセンスを取得している。現在、米国、カナダ、EU、シンガポール、フィリピン、ベトナム、インドネシアで事業展開する。

また、BtoC事業だけではなく、BtoB事業も展開。同社 代表取締役社長 宮川英治氏は「大規模なポイントサービスの支援、ロイヤルティプログラム、福引サービス等を提供しています」と説明する。例えば、数千万ユーザーを抱えるイオングループの共通ポイントプログラム「WAON POINT」のデジタルサービス、大規模リテールチェーン向けCRMアプリサービス、地方公共団体ポイントサービス等を開発・運用している。

ローソン銀行の海外送金サービスは7社8サービス
利用件数は約101倍に増加

一方、ローソン銀行は、2018年9月の開業以来、ATMを活用した新たなサービスの拡充に力を入れている。2020年8月には「スマホATM」のサービスを開始。同年11月に事業会社に対するATMでの現金入金サービス「金庫がわりクン」を提供している。国際送金サービスでは2020年12月の資金移動事業者との提携開始以降7社と連携しており、新たにデジタルワレットが追加となる。

ローソン銀行ではローソンのネットワークを活用できる点が強みだ。ローソンは全国1万4,500店のネットワークがあり、来店客数34億人、Ponta会員は累計1億人以上を誇る。ローソン銀行では全国1万3,500台のネットワークに加え、提携金融機関370行以上を有する。ローソンでは2001年からATM事業を展開しているが、「(2018年9月に)ローソン銀行になってから機能を拡充しており、今ではクレジットカード会社、ノンバンクなどとも提携しています」とローソン銀行 取締役 松山恵介氏は話す。現在、ATM利用者数は年間延べ2億人以上を有する。

ローソン銀行では、2020年12月にウニードスの海外送金カードの取り扱いを開始し、現在は7社8サービスの国際送金サービスを展開する。ローソン銀行の口座不要で利用できるサービスとなるが、多種の海外送金事業者の海外送金専用カードに対応している。ローソン銀行ATMで使用できる海外送金カードの枚数は1年目(2020年12月~2021年11月、2枚)から2年目(2021年12月~2022年11月、6枚)で3倍に増加。また、利用件数は、2020年12月単月と比較して、2年後の2022年12月単月は約101倍に増加。取り扱いカードの増加(2022年7月と9月、6枚追加)と入国上限緩和による入国者の増加が利用増につながっている。

Smilesの利用が多い国籍は?
国際ブランドカードと連携したサービスも検討

今回のサービスでは、「Smiles Premium Wallet Card」「Smiles Premium Remit Card」を保有している場合、新たな手続きの必要なく、ローソン銀行ATMを利用できる。また、保有していない場合は、Smilesのスマホアプリから発行手数料無料で申し込み可能だ。

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。続きを読むには「Paymentnavi Pro 2022」のお申し込みが必要となります。
詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

電子マネー、クレジット、QR・バーコード、共通ポイントなど、多数のキャッシュレス決済サービスをワンストップで提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)
決済領域を起点に多様なビジネスニーズに応える各種ソリューションを提供(インフキュリオン)
ReD ShieldやSift等の不正検知サービスを提供し、お客様の不正対策を支援(スクデット)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
TOPPANの決済ソリューションをご紹介(TOPPANデジタル)
多様な業界のニーズに対応した、さまざまなキャッシュレス・決済関連サービスを提供する総合決済プロバイダー(DGフィナンシャルテクノロジー)
決済業務の完全自動化を実現する「Appian」とクレジット基幹プラットフォームを合わせてご紹介!(エクサ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

PAGE TOP